ぶっちゃけリップル(XRP)は儲かるのか?

仮想通貨では、ビットコイン・イーサリアムについで第3位の位置にいるリップル。

 

厳密には、仮想通貨といい難い部分もありますが、今注目株です。

 

 

このリップルの役割は、海外などへの送金に威力を発揮します。

 

リップルは今後、儲かるのでしょうか?

 

儲かるのであればどのようにしたらいいのでしょうか?

 

 

ぶっちゃけリップル(XRP)は儲かるのか?

リップルの特殊性

 

リップルは、ビットコインやライトコインなどとは異なります。

 

決定的に異なるのは、

 

 

リップル(XRP)はリップル社が発行しているということです。

 

 

こういう面をみると、株に近いのかなとも思います。

 

 

そして、ビットコインやライトコインは、

 

街中で使えるようになることに意味を持ちますが、

 

リップルは今後も街中で使うことはないでしょう。

 

 

リップルの役割は、

 

 

いかに手数料を安くして送金を行うか?

 

 

ということに主眼が置かれているからです。

 

 

 

つまり、リップルの価値というのは、

 

 

リップル(XRP)の使い道が便利かどうか

 

 

大げさに言うと、この一点に集約されます。

 

 

リップルは便利なのか?

 

今まで、海外へ送金するときには、様々な銀行を間に挟んで

 

送金を完了させていました。

 

 

しかし、これでは、時間もかかるうえ、それぞれの銀行において手数料がかかります。

 

100万円送金したとしたら、手数料やらなんやらで95万円になっていたということも

 

決して大げさな話ではありません。

 

 

これでは、何のために送金しているのかわかりませんよね。

 

 

この問題を解決するためにリップルはあります。

 

リップル(XRP)で送金をすることによって、

 

ごくわずかな手数料で

 

送金をしかも一瞬で完了させることができます。

 

 

これによって、送金したい金額のほとんどをそのままリップル(XRP)として送金できるため、

 

無駄がありません。

 

 

これは、海外送金を頻繁に行う企業等にとっては、大きなメリットです。

 

しかも、動く金額が大きいためなおさらです。

 

 

そして、銀行にとってはピンチです。

 

このリップルの流れに乗り遅れると、特に国際銀行としての地位は一気に危うくなってしまいます。

 

ですから、多くの銀行が、このリップルプロジェクトに参加を始めているのです。

 

 

今後も、この流れは止められないでしょう。

 

今までの不便さを一気に解消してくれるのがリップル(XRP)ですから。

 

 

どうやったら儲かる?

 

リップルが可能性を秘めていることはご理解いただけたかと思います。

 

では、どのようにしたら儲かるのでしょうか?

 

 

答えは、

 

 

リップルを購入し、そのまま安全に放置

 

 

です。

 

 

コインチェックのネム流出事件がありましたので、

 

『安全に放置』

 

というのがポイントです。

 

 

リップルを購入して、しっかり放置をしましょう。

 

 

これだけ有用性のある仮想通貨ですから、放置をしておくだけで、価値は上がる可能性大です。

 

どちらかというと、

 

 

いかに、価値が上がるまで我慢できるか!?

 

 

ということもいえるかもしれません。

 

 

放置をするだけで儲かる可能性が大きいリップルを購入して放置してみましょう。

 

 

リップルはこのまま価格を上げるかはコチラ

↓  ↓  ↓

2020年のリップルを大胆予想してみた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ