リップル(XRP)でこれから億り人になることはできるのか?

億り人。

 

 

 

2017年末~2018年にかけてこの言葉がよく飛び交いました。

 

仮想通貨で利益を1億円以上上げた人のことですね。

 

 

あなたも億り人になりたいですか?

 

 

私はなりたい!!

 

 

当たり前じゃないですか?

 

 

でも、仮想通貨も

 

 

2018年1月のビットコイン大暴落や、

 

コインチェックのネム流失事件

 

韓国の取引所「ビッサム」のハッキング事件

 

 

などがあり、

 

 

一時はかなり高騰していた価格も落ち着いてしまいました。

 

 

 

そんな中、今、一番有望株といわれているのが

 

 

リップル(XRP)

 

 

です。

 

 

このリップル(XRP)で今からでも億り人になれるのでしょうか?

 

 

リップル(XRP)で今からでも億り人になれるのか?

2017年末の億り人の特徴

 

2017年に億り人になった人は日本で331人いるそうです。

 

 

この数字が多いとみるか、少ないとみるか判断が分かれるところです。

 

 

私は、多いなと思いました。

 

 

 

この億り人は2つの人種に分けられます。

 

 

①もともと資産のある人が、さらに稼いで億り人となった

 

 

②もともとサラリーマンなどの平凡なひとが仮想通貨で稼いで億り人となった

 

 

 

①の場合は、もともとの投資額が大きいのが特徴です。

 

お金持ちになる人は、お金の話に敏感で、必ずもうかるという話をよく知っています。

 

そして、そこにきちんと投資をして、さらに資産を増やしています。

 

 

これが、『お金のあるところにお金が集まる仕組み』です。

 

お金持ちが、お金持ちネットワークでこれがいいと勧められて購入したら、

 

あっというまに高騰し億り人になったという人もいるそうです。

 

 

一方、今回の仮想通貨での特徴的なのは②です。

 

一般の平凡な人が仮想通貨で利益をあげて億り人になったものです。

 

 

これは夢ですよね。

 

 

しかし、この人たちも、ビットコインなり、イーサリアムなりを

 

 

半信半疑ながらも投資をしていたわけです。

 

 

自分でしっかりと可能性にかけて仮想通貨を購入していたから億り人になれたのです。

 

 

こう考えると、誰でも億り人になるチャンスは転がっているのではないでしょうか?

 

 

その可能性をいかにつかむかが大切なのです。

 

 

とはいえ、この仮想通貨のやや低迷期ともいわれる時期に億り人になるほど、

 

価値があがりそうな仮想通貨はあるのでしょうか?

 

 

リップル(XRP)の将来性

 

今、一番勢いのある仮想通貨はリップル(XRP)です。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズの仮想通貨取引所の開設や

 

リップル社自体が大手銀行・大手企業と次々と業務提携をしており、

 

実際に国際送金に一般的に使われそうな材料も増えてきました。

 

 

リップル(XRP)の将来性は非常に高く、

 

人々の期待も高い状況です。

 

現在、時価総額第3位であり、将来有望なアルトコインの一つです。

 

 

 

リップル(XRP)で億り人になれる可能性はあるのか?

 

では、リップル(XRP)で億り人に慣れる可能性はあるのでしょうか?

 

 

結論から言うと、

 

 

ある

 

 

です。

 

 

仮想通貨の可能性は無限大です。

 

 

その中でもリップル(XRP)は時価総額は第3位でありながら、

 

1XRP=60円程度です。

 

 

これはリップル(XRP)の価値が低いというわけではなく、

 

 

購入しやすい

 

 

わけです。

 

 

 

もちろん、ビットコインも0.0001BTCなどで購入することできますが、

 

わかりにくくなっています。

 

その点、リップル(XRP)は我々凡人にとってなじみのある金額なので、

 

現実的に考えやすく、また、購入しやすくなっていると感じませんか?

 

 

さらに、リップル(XRP)はこれから価格上場の可能性が高い材料が多いです。

 

今のうちに購入しておけば、価格上昇の波に乗ることができます。

 

⇒2020年に向けてXRPが高騰する?についてはコチラ

 

 

ただ、リップル(XRP)がどれだけ高騰するかはわかりません。

 

2017年1月に1XRP=0.7円だったのが、

 

2017年12月に1XRP=290円を記録しました。

 

414倍の大高騰です。

 

 

もし、この時に10000円分XRPを購入していたら、

 

4,140,000円です。

 

 

もし、このときに250000円分XRPを購入していたら、

 

 

103,500,000円です。

 

 

さすがに、ここまでの高騰は難しいかもしれませんね。

 

 

リップル(XRP)だけで億り人になるには、

 

リップル(XRP)への投資を増やすことが必要です。

 

 

しかし、リップル(XRP)が確実に高騰するという保証はありません。

 

 

こう考えると、

 

今の億り人になる方法としては、

 

 

1銘柄だけでなく、分散投資で億り人を目指す

 

 

ことが現実的でしょう。

 

でも、億り人になれる可能性は今でも十分にあります。

 

 

しっかりとお金に関する情報収集をして、

 

きちんと投資をしていくことが、

 

億り人への近道ですね。

 

 

SBIバーチャルカレンシーの影響力についてはコチラ

 

仮想通貨で守るべきことについてはコチラ

 

仮想通貨がローリスクで資産を増やせる理由についてはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ