【明快回答】リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)ならどちらを購入すべきか?

リップルは時価総額 3位

 

イーサリアムは時価総額 2位

 

 

どちらも将来有望そうな仮想通貨です。

 

実際、将来性は確実だろうというものですが、

 

どちらがより買っておくとよいのでしょうか?

 

 

「どちらも将来有望なので購入したらいいですねー」

 

 

なんてサイトが多いですが、ここではずばっと、

 

どちらを購入したらよいのか紹介します。

 

 

リップルとイーサリアムどちらを購入すべきか?

 

リップルの特徴

 

リップルは、

 

 

送金のコスト削減

 

 

を目的とした非常に優れた通貨です。

 

 

 

本来、仮想通貨は非中央集権でコスト削減をしているわけですが、

 

 

リップルは、アメリカのリップル社が発行しており、中央集権です。

 

 

しかし、リップルが有益な仮想通貨であるには、きちんとした理由があります。

 

 

このリップル(XRP)を使うと、

 

今まで、多額の手数料と送金完了まで何日もかかっていた国際送金が、

 

わずか4秒で送金が完了します。

 

 

つまり、今まで手数料だらけで送金をしていた企業や銀行が、

 

リップルを使った方がいいのではないかと考え始めています。

 

 

銀行業界は特に深刻です。

 

もし、リップルの導入をしなかったら、

 

将来経営が行き詰まるかもしれない

 

とまで言われています。

 

 

リップルは、世界の送金を変えてしまうかもしれません。

 

 

イーサリアムの特徴

イーサリアムの最大の特徴は、スマートコントラクトでしょう。

 

 

契約をイーサリアムのプラットフォームに乗せることによって、

 

自動的に物事が動くようになります。

 

今後は、契約書がいらなくなってしまうかもしれませんね。

 

 

これはビットコインにはないものです。

 

 

そして、イーサリアム連合と呼ばれる

 

 

○トヨタ

 

○IBM

 

○マイクロソフト

 

○サムスン

 

 

といった、世界の大手企業がイーサリアムを後押ししています。

 

 

そして、イーサリアムは段階的にアップデートしており、

 

セレニティーという最終段階のアップデートを控えています。

 

このセレニティーが完了するとビットコインを超えるといわれたりもします。

 

 

リップルとイーサリアムどっちを買うべき?

 

それぞれ特徴的な仮想通貨であるリップルとイーサリアムですが、

 

では、どちらを購入するのが将来にわたってよいのでしょうか?

 

 

私が考えるのは、

 

 

リップル(XRP)

 

 

です。

 

 

理由をご説明します。

 

 

リップルは、使用目的がはっきりしています。

 

国際送金などの送金手数料の削減です。

 

 

これから世界はどんどんグローバル化が進んでいきます。

 

東京オリンピックを控えて、日本もどんどん閉鎖的な社会から

 

開放的な社会へ変貌しようとしています。

 

 

つまり、国際的に世界を巻き込んだ動きが活発化してくるのです。

 

 

ということは、国際送金も頻繁になることが世界的にも起きてくるわけです。

 

つまり、送金という目的のしっかりとしているリップルは使いやすい上にメリットが多いので

 

多くの企業や銀行で取り入れられるでしょう。

 

 

そうなると、価値がどんどん上がってきます。

 

 

イーサリアムもスマートコントラクトなど非常に特徴的です。

 

しかし、あくまでもプラットフォームであり、基盤的なものです。

 

このイーサリアムをベースに何かを作り出すということになると、

 

誰でも彼でも気楽に使えるものではありません。

 

 

よって、多くの人に気軽に使うことのできるリップルが今後の成長株だと考えます。

 

 

リップルを購入するなら、bitbankがおすすめです。

 

 

リップルを購入するならbitbankがおすすめな理由はコチラ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ