人工知能ウェブボット(Web Bot)が予想する仮想通貨市場は上昇気流

人工知能WebBotは過去にもビットコインの高騰などをあてている  すごいヤツです。

 

といっても、pepperくんのような人間型ロボットではありません。

 

インターネット上に散らばっている様々な情報をWebBotは集めています。

 

そして、その内容を分析し、株や仮想通貨の予想に役立てています。

 

 

ただ、それだけであれば、的中率は高くなりません。

 

WebBotがすごいのは、上記の情報に加えて、

 

 

人間の願望

 

人間の悲観

 

 

など、感情面をデータ化して、予想に反映させていることです。

 

 

特に、株や仮想通貨などはもともと、冷静にデータだけで動くわけではありません。

 

そこには、会社という生き物であったり、人の感情による関与などが必ず入り混じっています。

 

 

それらを結果に反映させるから、WebBotの予想の的中率が高くなるわけです。

 

では、このWebBotによると、これからの仮想通貨はどうなるのでしょうか?

 

まとめてみました。

 

 

WebBotが予想するこれからの仮想通貨市場は前途洋々?

WebBotの過去の実績は?

 

WebBotは過去にビットコインの価格の高騰など的中させています。

 

高騰自体を予想することはできても時期まで当てるのはなかなかできないですよね。

 

 

しかし、WebBotがすごいのは、仮想通貨だけではありません。

 

2016年11月にインドで起きた、高額紙幣の流通停止など、仮想通貨に限らず

 

的中させています。

 

 

これらについて言えるのは、WebBotが情報を収集し、分析し、

 

それに人間の感情をもデータ化して総合的に反映させるので

 

高い的中率を誇っているということです。

 

もちろん、100%的中することはありませんので、絶対ということではありませんが、

 

指標としてWebBotの予想を考えるのは自分たちにとっても有益だと考えられます。

 

 

 

WebBotの予想内容

 

○ビットコインが年末には10万ドルに到達する

 ⇒これが実現したら、1BTC=1300万円??

 

○中国の規制が強まる

 ⇒たしかに規制が強まり暴落の一因となりました。

 

○夏ごろに革命が起き、世界中がビットコインに注目する

 ⇒革命の内容にもよるものの、10万ドルに到達する予想と合わせると可能性も否定できない。

 

○今年、イーサリアムは上昇するものの、今年半ばと秋ごろにスマートコントラクトに深刻な問題が見つかる

 ⇒これが現実になれば、イーサリアムは時価総額第2位から転落するかも?

  そうすると仮想通貨LISK(リスク)が来るか?

 

○リップル・モネロは仮想通貨の全体的な上昇の波に乗って上昇する

 ⇒今の流れでは可能性は高い

 

 

WebBotの示すもの

 

全体的に上昇ものの予想が多くなっています。

 

これは、仮想通貨にかかわる人々が上昇してほしいという「感情」をくみ取った結果ともいえるでしょう。

 

つまり、この「感情」が現実に向けて動き出したとき、

 

このWebBotの予想がさらに的中率をあげることになります。

 

 

すべてが的中させるわけではありませんが、私たちが検討する指標としては最適です。

 

そして、そうなると信じて仮想通貨を楽しんだ方が人生得じゃないですか!?(笑)

 

 

 

中国の動きが仮想通貨に与える影響はコチラ

 

イーサリアムに代わってLISK(リスク)がくる?はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ