仮想通貨取引所は信用できるのか?業務改善命令だらけ。

仮想通貨をする上で、かかせないのが、仮想通貨取引所です。

 

日本にも多くの仮想通貨取引所があります。

 

⇒おすすめできる日本の仮想通貨取引所一覧はコチラ

 

 

その中でも、

 

 

金融庁の認可仮想通貨取引所

 

みなし仮想通貨取引所

 

 

と2種類あります。

 

 

そして、2018年1月にネム流失事件を引き起こしたのが

 

コインチェックです。

 

CMを大量に流しはじめ、仮想通貨の盛り上がりが出てきたところで、

 

ネムがハッキングされました。

 

 

直前に、ビットコインの大暴落があり、

 

コインチェックのネム流失事件と合わせて、

 

仮想通貨界の信用が一気に落ちていったのです

 

 

そんな仮想通貨取引所ですが、どこを利用するのがいいのでしょうか?

 

何に気を付けて選べばいいのでしょうか?

 

 

仮想通貨取引所は信用できるの?自分の資産を守るには?

仮想通貨取引所とは?

 

仮想通貨取引所とは、その名の通り、

 

 

『仮想通貨の取引を行うところ』

 

 

です。

 

 

仮想通貨の取引とは、

 

 

仮想通貨の購入・売却

 

 

です。

 

 

購入した時よりも売却した時の方が金額が高くなっていれば、

 

その差額が利益になります。

 

 

仮想通貨においては、価格の上昇や下落が激しいため、

 

いいタイミングで売却すると、売却益が非常に大きくなるのです。

 

 

この仮想通貨取引所では、それぞれ扱っている通貨の種類が異なります。

 

 

DMMビットコインのように、現物取引(現金で購入できる取引)は

 

ビットコイン・イーサリアムの2種類しかない所もあれば、

 

 

コインチェックのように、20種類近くあるところもありました。

 

 

取り扱い通貨の種類というのは、ひとつ選ぶ基準になります。

 

 

ですから、コインチェックは、みなし仮想通貨取引所ながら、

 

取り扱い通貨が多いため、大変人気がありました。

 

 

日本以外に目をやると、海外の取引所では、

 

草コインと呼ばれる、時価総額の極めて低い通貨を扱っているところも多くあります。

 

成長する仮想通貨を見つけて、購入するのも仮想通貨の楽しみ方ではあります。

 

つまり、仮想通貨取引所は、仮想通貨を利用していくうえで、かかせないところなのです。

 

 

仮想通貨取引所での管理は?

 

仮想通貨取引所では、購入した仮想通貨を預けておくことができます。

 

仮想通貨取引所側では、この預かっている仮想通貨の保管方法が異なります。

 

 

コールドウォレットと呼ばれる、インターネットからは完全に切り離したところで保管する、

 

これが一般的です。

 

 

しかし、このやり方は、コストと手間がかかります。

 

ただ、顧客の資産を守るのには最大限のやり方でもあります。

 

 

コインチェックのネム流失事件では、仮想通貨ネムをコールドウォレットでは保管せず、

 

ホットウォレットと呼ばれる、インターネットにつながった状態で管理をしていました。

 

 

このため、ハッキングをされたわけです。

 

 

このように、仮想通貨取引所によって、管理の仕方は異なります。

 

 

ただし、このコインチェックのネム流失事件を機に、

 

金融庁も指導を強化しました。

 

みなし仮想通貨取引所で、金融庁の求める基準に達しない事業所は、

 

自主廃業をきめたところもあります。

 

 

また、仮想通貨取引所によっては、万が一の場合の保証を打ち出しているところもあります。

 

取り扱い通貨だけでなく、管理をどのようにしているのかも

 

チェックをしながら見ていくとよいでしょう。

 

 

何を基準にこれから選べばいいの?

 

仮想通貨取引所の選び方は非常に難しいところがあります。

 

 

それは、前述しているように、

 

取引所によって取り扱っている通貨の種類も異なるからです。

 

 

ただ、一つだけ言えることは、

 

金融庁の認可仮想通貨取引所から選ぶことです。

 

厳しい審査に合格していることは一定の基準はクリアしているということですから。

 

 

また、セキュリティー対策も異なります。

 

現在、セキュリティー面で最強なのは、

 

 

SBIバーチャルカレンシーズです。

 

 

コールドウォレットでの保管はもちろん、マルチシグも導入し、二重でセキュリティーをかけています。

 

とどめは、セコムと業務提携をしており、さらに万全な体制を整えました。

 

 

続いては、bitFlyer(ビットフライヤー)です。

 

しかし、2018年6月22日に金融庁から、

 

マネーロンダリング等の可能性がある顧客情報管理をしているとのことで、

 

自主的に、新規口座開設の受付を中止しています。

 

 

仮想通貨そのものの管理はしっかりしており保証も500万円(条件あり)までするとのことですから、

 

その辺りは問題ないのかと思いますが、顧客情報の管理は基本のところですから、

 

今後に期待していきたいと思います。

 

 

このように、仮想通貨取引所を選ぶ上では、様々な基準があります。

 

 

〇取り扱い通貨

 

〇セキュリティー面

 

〇仮想通貨取引所の規模

 

 

など様々な点を考慮して決めていく必要があります。

 

 

そして、資産管理は、仮想通貨取引所にお任せではなく、

 

自分で管理をしていくことが最も重要です。

 

⇒自分で自分の仮想通貨を守るために大切なことはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ