SBIバーチャルカレンシーズがついに動き出す!どんな変化が起きる?

ついに、SBIバーチャルカレンシーズが

 

取引所「VICTRADE」

 

の営業を2018年6月4日より開始しました。

 

 

しかし、当初は、事前登録をしたユーザーのうち、

 

本人確認はがきが届いて本人確認ができた人のみです。

 

 

では、このSBIバーチャルカレンシーズが営業を開始したことによりどんな変化が起きるのでしょうか?

 

 

ついにSBIバーチャルカレンシーズが動き出す!新時代到来か?

SBIバーチャルカレンシーズ

 

SBIグループが満を持して仮想通貨取引所事業に参入です。

 

本来は、2018年1月開始予定でしたが、

 

 

コインチェックのネム流失事件や

 

セキュリティーを見直す

 

 

ことにより、延期となっていました。

 

 

SBIグループをバックにしている巨大取引所となっています。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズの取り扱い通貨

 

当初は、リップル(XRP)のみの取り扱いを先行して開始するということでした。

 

2018年6月11日より、ビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いを開始。

 

2018年6月18日より、ビットコイン(BTC)の取り扱いが開始となります。

 

 

とはいえ、これらが先行して利用できるのは、事前登録が完了している人たちだけですね。

 

SBIバーチャルカレンシーズでは、上記に加えて、

 

イーサリアム(ETH)の取り扱いを予定しています。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズの特徴

 

リップル(XRP)に力を入れている

 

SBIバーチャルカレンシーズの最大の特徴は、

 

基軸通貨をリップル(XRP)にしようとしていることです。

 

 

これは、2016年6月にリップル社と共同で、

 

 

「SBI Ripple Asia」

 

 

を設立しています。

 

 

SBIはリップルを国際送金を中心とした送金システムの構築を狙って、

 

リップル社と提携をしています。

 

 

つまり、SBIにとって、仮想通貨をリップル(XRP)を中心として回していこうと考えています。

 

もともと、SBIは証券や銀行など金融に非常に強いグループです。

 

XRPを中心に考えているのも当然かもしれませんね。

 

 

SBIコインを発行予定

 

SBIバーチャルカレンシーズでは、独自通貨SBIコイン(通称:Sコイン)の発行を予定しています。

 

Sコインでは、地方自治体や企業などが独自通貨を発行することも想定した

 

決済プラットフォーム

 

の構築を目指しています。

 

考えることが1企業の枠ではなく、社会全体を対象としており、

 

SBIの考えることは大きいですね。

 

 

取引所のスプレッド(取引手数料)を最小に

 

SBIバーチャルカレンシーズでは、取引所でのスプレッドを業界最小にすると公言しています。

 

 

取引所のスプレッドは、取引所の収入となるため、

 

他の取引所では、3%以上の設定をしていることもあります。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズでは、スプレッドでのビジネスモデルを否定しており、

 

業界最小でやっていく予定とのことです。

 

バックのSBIグループが巨大なだけにうれしいですね。

 

 

セキュリティー面はセコムと提携

 

基本的には、すぐに動かす通貨以外は、コールドウォレットで管理されるそうです。

 

そして、ウォレットの管理に関しては、

 

 

セコムトラストシステムズ株式会社

 

 

と提携し、管理をしていくことになっています。

 

 

また、セキュリティーについては、非常に細かく規定され、

 

現時点でできうる万全の体制をとっています。

 

今のところ、日本で一番セキュリティーが厳しいのではないでしょうか

 

 

今後の仮想通貨市場の動きは?

 

今後、仮想通貨は、SBIバーチャルカレンシーズの取引所営業開始により、

 

動く可能性が高いと思われます。

 

 

特に、SBIバーチャルカレンシーズの中心となるリップル(XRP)は値が動くと考えられます。

 

ただ、6月の時点では、事前登録した人のみの利用開始であり、

 

一般は7月以降の開始予定となっています。

 

 

XRPの値が動くとしても、一般の口座開設が開始となってから以降になるでしょう。

 

それまでに、XRPを買っておくのが得策かもしれません。

 

 

リップル(XRP)の将来性についてはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ