ネム(NEM)の今後は2つの光と1つの闇がある?

 

仮想通貨ネム(NEM)はコインチェックのネム流失事件で一躍有名になりました。

 

今までは、仮想通貨といったら、『ビットコイン』だったのが、

 

『ネム』も認識されるようになってしまいました。

 

 

そして、ネムが流出したということで、ある意味、危険なものという認識まで

 

されている部分もあります。

 

 

こんなネムですが、今後を考えてみると、

 

 

2つの光

 

1つの闇

 

 

がみえてきました。

 

確認していきましょう。

 

 

仮想通貨ネム(NEM)の今後に影響する2つの光と1つの闇

ネムの今後を占う光とは?

 

ネムを考える上で今後、価格上昇のきっかけとなるのは、

 

 

決済処理能力の高さ

 

 

です。

 

 

ビットコインは、1つのブロックを生成するのに10分かかります。

 

カタパルトという最新テクノロジーが搭載されると、

 

1秒間に4000件の処理ができる予定です。

 

これは、クレジットカードVISAの処理の速さと同等です。

 

 

つまり、クレジットカードと同じくらいの処理能力があるため、

 

ほぼすぐに決済が完了する

 

 

つまり、

 

 

実用性が高い

 

 

ということが言えます。

 

 

今後、仮想通貨が生き残っていくうえで、処理時間の短縮は非常にポイントが高いです。

 

処理能力が高くないと、実際にお店で決済できず、決済待ちの行列ができてしまいます。

 

この点は、今後、ネムはどんどん処理能力をあげていくことが予想されています。

 

 

ネムの今後を占う光 2

 

そして、ネムは

 

プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Impotannce) 通称:PoI

 

という仕組みを取り入れています。

 

 

これは、ネムの目指す、平等な経済活動の基盤になっています。

 

 

ビットコインなどは、

 

プルーフオブワーク(Proof of Work) 通称:PoW

 

です。

 

 

これは、処理能力の高いコンピュータをそろえた者同士の勝負で、

 

勝ったものがマイニング報酬として、ビットコインを得ます。

 

しかし、これでは、コンピュータの性能勝負であり、大量の電力消費も行います。

 

 

これだけの財力などがある人がマイニングに参加でき、

 

一般の人々では、太刀打ちできません。

 

 

しかし、PoIでは、

 

 

ネムを10,000XEM所有しており、

 

1回1,000XEM以上の取引をすること

 

 

これをハーベスティング(ビットコインでいうマイニング)に参加することができます。

 

これは、1ヶ所にネムが集中することがないよう、分散させるためのしくみです。

 

ですから、ネムの市場は非常に活発です。

 

いかに平等になるかを考えられたのが、ネム(NEM)ですね。

 

 

ネムの今後を占う1つの闇

 

ネム最大の敵は、イーサリアムです。

 

同じプラットフォーム型仮想通貨ですから、似たような部分がでてくることはやむを得ません。

 

ただ、そうなると、市場に多く出回ってきている

 

イーサリアムが断然有利です。

 

 

このイーサリアムのプラットフォームを活用して、

 

新しい仮想通貨が生まれたりしています。

 

 

もし、ネムが、イーサリアムと同じような特徴しかなければ淘汰される可能性があります。

 

それは、やはり、時価総額が

 

イーサリアムは2位

 

ネムは5位です

 

 

このイーサリアムと異なる特徴がより強調されれば、ネムは伸びるでしょう。

 

しかし、イーサリアムと被るようであれば、淘汰されるかもしれません。

 

今後、ネムがどこまで独自性を発揮できるかによってネムの将来は決まるでしょう。

 

 

ネムの特徴についてはコチラ

↓  ↓  ↓

初心者向け!ネムのざっくり特徴

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ