ネムとビットコインはどちらが安定性が高いの?

 

仮想通貨といえば、ビットコインです。

 

しかし、コインチェックのネム流失事件によって、

 

仮想通貨といえば、ネム!

 

という発想もすぐにできるようになってきました。

 

 

問題は、ネムにはあまりいい印象を持っている人が多くないことにあります。

 

これはコインチェックのネム流失事件によるものが大きいです。

 

しかし、あの事件も、コインチェックの管理の問題であって、

 

ネム自体には何の問題もありません。

 

この仮想通貨のネムとビットコインでは、どちらが将来に向けて、

 

安定しているのでしょうか?考えてみましょう。

 

 

ネムとビットコインではどちらが買い?

ビットコイン

 

ビットコインは、仮想通貨の時価総額1位(17兆円)の仮想通貨の代表となる通貨です。

 

 

仮想通貨は、このビットコインから始まりました。

 

 

ですから、仮想通貨の基軸となるものです。

 

 

ビットコインが下がれば、他の仮想通貨も下がり、

 

ビットコインが上がれば、他の仮想通貨も上がる、

 

 

それくらい影響力が強いのです。

 

 

このビットコインの特徴は、

 

実際に使用できるということです。

 

現に、日本においても

 

 

ビックカメラ、H.I.S、DMM、メガネスーパー

 

 

などでは、実際に通貨として支払いに利用することができます。

 

これは、法定通貨と呼ばれる日本円と、ビットコインが同列に扱われていることを意味します。

 

つまり、ビットコインは、本当のお金と同じ価値があるものです。

 

そして、この実用性をもたらすために、ビットコインは開発されたのです。

 

 

ネム

ネムは2015年に発行されました。

 

ビットコインはマイニングによって、少しずつ新しくビットコインが発行されますが、

 

ネムは、すでに90億枚が発行終了しております。

 

 

これはビットコインとは異なる点ですね。

 

 

そして、決定的に、ビットコインと異なるのは、

 

ネムは、

 

 

実用性を重視したものではなく、土台となるべきもの

 

 

ということです。

 

 

つまり、ネムは、

 

他のプログラムを円滑に動かすための装置であり、通貨としてはおまけみたいなものです。

 

しかし、装置の評価としてのネムの価値がつけられ、それが、価格ということになります。

 

 

ネムは、プログラムを動かすためのプラットフォームです。

 

そして、このネムのプラットフォームは使い勝手がいいと評判で、mijinと呼ばれます。

 

このネムは、中小企業や個人から絶大なる人気がある仮想通貨です。

 

 

ネムとビットコインはどちらが安定している?

 

ネムとビットコインがどちらが安定しているかという視点で見ると、

 

ビットコインの方が安定性は高いと思います。

 

 

それは、ビットコインがすでに地位を確立しています。

 

それは、時価総額17兆円という数字から見ても、これが崩壊することは考えにくいです。

 

 

上昇と下落を繰り返していますが、全体的に見れば、

 

緩やかな上昇

 

を描いていると言えます。

 

 

 

問題は、ビットコインは1BTCの価格が上がりすぎているところにあります。

 

1BTC=80万円となると、気楽に買うことができません。

 

しかし、その分購入できれば、利幅は今までより少なくなりますが、

 

利益は出てくると思います。

 

 

一方、ネムの魅力は、現在の価格の安さと将来性です。

 

将来に向けてネムの方が伸びしろはあるといえます。

 

 

今後、爆発的にネムが売れていくと、一気に価値が上昇します。

 

これがいつどうなるかがわからない所が問題ですね。

 

 

安定性をとるならビットコインの方がかたいとは思います。

 

しかし、初期投資が多すぎることから、

 

ネムの購入もありでしょう。

 

 

どちらも伸びしろはあるものの、

 

価値がすでに確立されているものをとるのか、

 

伸びしろの大きい方をとるのか、

 

よく考えておく必要があります。

 

 

全体的に見ると、ビットコインもネムも長期で見ると購入すべきですね。

 

 

プラットフォームについてはコチラ

↓  ↓  ↓

仮想通貨のプラットフォームが何者か判明した!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ