日本で愛されるモナコインの知られざる特徴とは?

モナコインをご存知ですか?

 

 

日本初の仮想通貨

 

 

それが、モナコインです。

 

 

このモナコイン、日本で生まれただけあって、

 

日本においては、少し特殊な動きをしています。

 

 

ここでは、知られざる(?)モナコインの特徴をまとめてみました。

 

 

モナコインの特徴を知るとみんな笑顔になる

モナコインの基本情報

 

発行開始日 : 2014年1月1日

 

通貨単位  : MONA

 

開 発 者 : Mr.Watanabe

 

発行枚数  : 105120000枚

 

半 減 期 : 3年ごと(次回は2020年)

 

 

特徴その1 Segwit実装

 

ビットコインでも、もめにもめたSegwitをモナコインは

 

さらっと実装しています。

 

 

Segwitとは、取引記録を格納するブロックの署名部分だけ別保存をし、

 

ブロックの容量を空けて有効活用しようというものです。

 

 

しかも、世界初にSegwitを実装した仮想通貨が、

 

モナコイン

 

なんです。

 

これは、非常に有効価値の高い特徴です。

 

 

特徴その2 ファンやコミュニティーが充実している

 

仮想通貨の場合、これは非常に重要なポイントです。

 

 

数あまたあるアルトコインが生き残れるかどうかというのは、

 

この点にあると言っても過言ではありません。

 

 

特に、モナコインは、匿名掲示板2ちゃんねるから発生した仮想通貨であるため、

 

もともと、一定のコアなファンは抱えていました。

 

 

それに、コミュニティーが現在形成され、

 

モナコインの応援団はしっかりとしています。

 

 

コミュニティー内でも一定の需要があるため、

 

モナコインがすたれる可能性というのは低いと考えられています。

 

 

特徴その3 投げ銭・チップシステムがある

 

これはコミュニティーとも重なってきますが、

 

掲示板内で、応援したい投稿などに対して、モナコインを投げ銭としてプレゼントすることができます。

 

 

同様に、ツイッターでは、tipmonaとしてチップをプレゼントすることができます。

 

この手軽さがモナコインの特徴の一つでしょう。

 

 

特徴その4 ライトコインがベース

 

モナコインは、仮想通貨的には、ライトコインをベースに開発されました。

 

 

つまり、歴史ある 

 

 

ビットコイン → ライトコイン → モナコイン

 

 

という流れになっており、

 

仮想通貨のシステムとしては、ほとんど問題がないと言えます。

 

 

言い換えれば、仮想通貨としての目新しいことはないということも言えます。

 

 

特徴その5 アトミックスワップに成功している

 

アトミックスワップとは、

 

取引所など第三者の仲介がなくとも、

 

仮想通貨の交換を安全に行なうことができる仕組みです。

 

 

このアトミックスワップに成功しているのは、ビットコインやライトコインなど

 

限られた種類だけです。

 

 

特徴その6 秋葉原等での実店舗で使用可能

 

ビットコインとモナコインは決済可能というお店も、

 

秋葉原を中心にでてきております。

 

なかなか、実用には難しいのが仮想通貨ではありますが、

 

このモナコインは、ファンの多さから自然と実用に向けた動きが発生したと言えます。

 

それだけ、日本におけるポジションはモナコインは上がっているのです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ