【大胆予想】モナコインは東京オリンピックで高騰する?

 

日本初の仮想通貨である

 

 

モナコイン

 

 

実は、愛好家が多いため、

 

ある意味草コインとは一線を引いているユニークなコインです。

 

 

このモナコインが今後、どのような価値を持つのか、持たないのか?

 

大胆な予想をしてみました。

 

 

大胆に予想するとモナコインは東京オリンピックで高騰する?

東京オリンピック

 

2020年に東京オリンピックが開催されることが決定しています。

 

 

私は、この2020年に向けてと、実際に2020年に

 

モナコインは高騰すると大胆に予想しています。

 

理由をご説明します。

 

 

理由1 過去の高騰した理由は上場によるものだった

 

まずは、モナコインの動きを確認してみましょう。

 

 

モナコインのチャート図です。

 

一気に上昇している部分があります。

 

2017年10月ですね。

 

 

これは、bitFlyer(ビットフライヤー)にモナコインが上場した時です。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)に上場することによって、

 

モナコインの価値が認められたということも言えます。

 

そして、多くの人の目に留まり、購入が相次いで価値が上がりました。

 

 

このことは、東京オリンピックでも言えます。

 

ようは、きっかけなんです。

 

上場というきっかけで多くの人の目にとまります。

 

 

多くの人の目にとまるということは、興味を持つ人も出てくるわけです。

 

そうすると、今までさっぱり知らなかった、わからなかった人が、

 

購入するようになります。

 

モナコインは見た目もかわいいですからね。

 

 

理由2 世界中から人が集まる

 

東京オリンピックは世界最大のスポーツの祭典です。

 

 

それこそ、地球中の人々が集まってきます。

 

当然、日本円を持ってくる人もいますが、

 

このころには、もっと仮想通貨が一般的になりつつあると考えられます。

 

 

そうすると、ビットコインとともに、モナコインの猫が街中で目に入ってきます。

 

 

そうです。

 

 

モナコインは、日本においては、

 

ビットコインに次いで、実際に使うことができる店舗が多いのです。

 

これは、他の仮想通貨よりかなりのアドバンテージです。

 

 

だって、ビットコインと同じところに、謎の猫のコインの絵がかいてあるんですよ?

 

インパクトは絶大です。

 

 

必ず目に入り、こんなに使うことができる価値あるコインなんだ!と外国人も思うようになります。

 

そうすることによって、購入が相次ぎ、価値がさらに上がります。

 

きっかけとして、東京オリンピックほど、世界各国から人が集まるイベントはありません。

 

間違いなく、話題になりますね。

 

理由3 コミュニティーが熱い

 

モナコインは2ちゃんねるからから発生したコインだけに、

 

愛好家の結束が固いことで有名です。

 

 

ですから、価値が下がりにくい、特殊な仮想通貨ということも言えます。

 

 

このコミュニティーは時に、自腹で愛好者が広告を出すことがあります。

 

これを東京オリンピックの開催に合わせて行うと、どうでしょう?

 

普段の何倍、いや、何百倍も宣伝効果があると思いませんか?

 

 

このコミュニティーが東京オリンピックに合わせて動き出しているという

 

噂もあるとかないとか・・・。

 

 

元々、結束の固いコミュニティーですから、

 

少なくとも価値が下がりにくいことだけは間違いありません。

 

 

以上のように、東京オリンピックに合わせてモナコインが高騰すると予想しました。

 

 

もともと、モナコインは、性質上、長期保有と実用性を重視した仮想通貨です。

 

今のうちに購入し、長期保有をしておくといいのではないでしょうか?

 

 

特に、モナコインの場合、価値が下がりにくいというメリットもありますので、

 

損をする可能性もかなり低くなっています。

 

少しずつ購入を今からしておくのが得策ですね。

 

 

モナコインの将来について中期的にはコチラ

↓  ↓  ↓

モナコインの将来性が高いのは当然!?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ