モナコインの将来性が明るい3つの理由

 

モナコインという名前を知っていますか?

 

仮想通貨の中の一つです。

 

 

モナコインは、ビットコインと同じような、

 

通貨型と呼ばれ、実際に使えることを目指したものです。

 

 

このモナコインは、今でこそ、仮想通貨時価総額ランキングが70位前後ですが、

 

将来性はかなり高いと言われています。

 

その理由をご説明しましょう。

 

 

モナコインの将来性はかなり明るい3つの理由

日本の大手仮想通貨取引所で取り扱い開始

 

仮想通貨取引所で扱ってくれなければ、

 

仮想通貨を購入することはできません。

 

 

しかも、せっかくの国産コインですから、

 

日本の取引所でしっかり取り扱ってもらいたいですよね。

 

 

2017年10月に最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)で取り扱いを開始しました。

 

このbitFlyer(ビットフライヤー)で取り扱いを開始しただけで、

 

価値が6倍跳ね上がりました。

 

 

それだけ、取引所で取り扱われるということは重要です。

 

しかも、bitbankも取り扱いを開始し、

 

Zaifと並んで3つの取引所で取り扱っていることになります。

 

 

この夏の取引所開始を目指すSBIバーチャルカレンシーでも

 

取り扱いを検討しているとかしていないとか?

 

 

やはり、取り扱われると、国内だけでなく、国外でも注目されますので、

 

新規で取り扱いが開始になればなるほど、注目していく必要があります。

 

 

コミュニティーの結束が固い

 

モナコインは、もともと2ちゃんねるから波及してきました。

 

そして、モナコインのコミュニティーは、

 

 

国内最大規模

 

 

を誇ります。

 

 

そして、2017年10月には、コミュニティー内のある個人が、

 

身銭を切って、秋葉原に大規模なプロモーション広告を行いました。

 

 

それだけ、モナコインを普及させたいという思いが、

 

このコミュニティーには強いことがわかります。

 

 

しかも、モナコインは、コミュニティーだけではなく、

 

その周辺にも影響を与えています。

 

 

ビットコインがビックカメラなどで使用できることになったのは有名ですが、

 

実は、日本において、ビットコインについで、実用性が高いのがモナコインなのです。

 

 

モナコインは、ビットコインの6倍の処理能力があり、それだけ、即時決済に向いています。

 

 

さらに、秋葉原などでは、実際にモナコインが利用できる店も数多くできており、

 

現時点で、すでに実用性が高いコインとなっています。

 

この勢いで、かなりの数の実際に利用できる店舗が増えていくと考えられています。

 

 

ついにツイキャスで利用可能!!

 

ツイキャス(tweet casting)がモナコインのウォレット機能を追加したことにより、

 

投げ銭として視聴者が配信者に送ることができるようになりました。

 

 

これが意味するところは大きいです。

 

 

大手のwebサービスであるツイキャスがモナコインを利用できるようにしたことで、

 

今まで、仮想通貨に全く興味もなかった人の目に留まるようになります。

 

 

そして、モナコインというかわいらしい名前に興味をそそられ、調べてみると、

 

仮想通貨でしかも、現時点では価格も安く、購入しやすいことがわかります。

 

 

そうすると、購入者がどんどん増え、より価値が高まっていくことになります。

 

仮想通貨の場合、仮想通貨を知らない人の目にどのようにして届かせるかによって、

 

すそ野の広がりが全く異なります。

 

 

ツイキャスでの取り扱いは、モナコイン人口増の可能性を十分に感じさせるものです。

 

 

そして、

 

モナコインは、どんなに下落しても

 

300円を切ったことはほとんどありません。

 

 

 

これが意味することは、

 

 

仮想通貨の中でも安定性が高い

 

 

ということです。

 

 

現在のところ、価格も500円前後と購入しやすく、

 

そして、上げ材料も多いため、

 

モナコインは、将来性豊かな仮想通貨の一つであると言えます。

 

今のうちに購入するのが吉ですね。

 

 

モナコインが高騰する理由はコチラ

↓  ↓  ↓

高騰の可能性大!モナコインの動きはココに注目

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ