モナコインは東京オリンピックまでに買うのでは遅すぎる?

モナコインといえば、日本生まれの国産仮想通貨です。

 

 

このモナコイン、海外ではどれくらいの評価かご存知ですか?

 

 

時価総額ランキング 69位 です。

 

 

そうなんです。

 

 

世界的に見てみれば、

 

 

草コインの一つ

 

 

にすぎないんです。

 

 

しかし、そんな草コインもどきのモナコインですが、

 

 

東京オリンピックを機に化けるかもしれません。

 

 

そう考える理由をご紹介します。

 

 

モナコインは東京オリンピックまでに買うのでは遅すぎる理由

日本国内の盛り上がり

 

海外の盛り下がりっぷりとは対照的に、

 

日本国内では、人気の高いモナコインです。

 

 

その証拠に、bitFlyerで購入することができます。

 

 

特に、秋葉原などでは、モナコインのイベントを行い、

 

実際に店舗で利用できるようになったりしています。

 

 

また、5ちゃんねるから生まれたモナコインは

 

コミュニティーの結束が固いことでも有名です。

 

 

自費で、渋谷のビジョンに宣伝広告を出したり、

 

モナコインの普及に一役買っています。

 

 

つまり、日本国内においては、

 

モナコインはある程度の地位を保っているといえるのです。

 

⇒ 日本で愛されているモナコインの特徴はコチラ

 

 

訪日観光客目当てのキャンペーンの可能性

 

ここ数年で、日本を訪れる訪日観光客は爆発的に増えました。

 

中国富裕層からの爆買いなどのありましたよね。

 

今は少し落ち着いたかのように見えます。

 

 

しかし、仮想通貨はこれからです。

 

 

モナコインにおいても例外ではありません。

 

 

モナコインの強みは、

 

 

モチーフのかわいらしさと実用性

 

 

です。

 

 

モチーフは猫をモデルとしておりモナーというなのアスキートです。

 

見た目は、ネタコインではないかという話もありますが、

 

実際には真剣なコインなので心配はいりません。

 

むしろ、インパクトがあってよいのではないでしょうか?

 

 

そして、実用性においては、日本では、ビットコインに負けていません。

 

というか、日本においてはビットコインより使い勝手が良いと評判です。

 

 

モナコインのこの使い勝手のよさを前面に押し出したキャンペーンを行うのではないか

 

といううわさもあります。

 

 

実際に、仮想通貨のよさというのは両替が不要なところです。

 

両替をすることによって、手数料がかかってしまいますが、

 

仮想通貨の場合、法定通貨ではないためそのまま利用できます。

 

 

モナコインが使用できる店舗が増えれば、

 

より優位になります。

 

⇒モナコインの将来が明るい理由はコチラ

 

 

東京オリンピックという起爆剤

 

東京オリンピックは世界最大のスポーツの祭典です。

 

(ワールドカップこそが世界最大のスポーツの祭典という声もありますが)

 

 

全世界から、東京に向かって人が一気に押し寄せてきます。

 

そんなときに、モナコインが街のいたるところで目に付いたら

 

気になって調べますよね?

 

そうすることによってモナコインの時価総額も上がってくる可能性があります。

 

 

しかし、注意が必要なことは、

 

 

東京オリンピックのときでは遅い

 

 

ということです。

 

 

東京オリンピックは本番です。

それより前に視察団や観光客は大挙して訪れます。

 

つまり、そのころから、モナコインはじわりじわりと値を上げてくる可能性が高いのです。

 

 

ということは、2018年にモナコインを購入しておくことによって、

 

東京オリンピックで一気に値をモナコインが上げたときににっこり笑うことができるのです。

 

 

東京オリンピックが始まる前では遅い。

 

 

この事実に気づいている人がどれくらいいるでしょうか?

 

 

今気づいたあなたはラッキーですね!

 

 

モナコインは、東京オリンピックによって、高騰まではいかないかもしれません。

 

しかし、現在より価値が上がる可能性は非常に高いと考えています。

 

時価総額もそのころには20位以内に入っているのではないでしょうか?

 

今がチャンスですね。

 

 

⇒モナコインとオリンピックの関係についてはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ