オリンピックが来たらモナコインはいくらになっているの?

おな国産の仮想通貨モナコインをご存知ですか?

 

2ちゃんねるから生まれたモナコインですが、

 

じわりじわりと海外の方々にも浸透しつつあるようです

 

 

そんなモナコインですが、2020年東京オリンピックの年に、

 

バカ上げするかもしれないという情報が入ってきました。

 

どういうことなのでしょうか?

 

調べてみました。

 

 

モナコインは東京オリンピックの年に高騰する!?

セグウェット実装

処理を早くするシステムであるセグウェットを実装しています。

 

これは、ビットコインですら成し遂げていないセグウェットの実装ですが、

 

実際には使い勝手よりも、実装したという事実が一人歩きしてしまい、

 

十分活用できていないように思います。

 

しかし、投資対象としてみると、セグウェット実装は大きなトピックスです。

 

 

コミュニティーが熱い

 

モナコインの特徴にコミュニティーが熱いというものがあります。

 

つまり、モナコインの応援団が大量にいるということです。

 

このコミュニティーの熱さは、仮想通貨にとっては非常に重要なことです。

 

コミュニティーを形成するほど、参加者は多くいます。

 

東京オリンピック

 

やはりイベントごとがあると高騰しやすいです。

 

おそらく、ある程度の時価総額になっている場合の仮想通貨については、

 

上がる可能性が十分あると思います。

 

 

少し長いスパンにはなるものの、モナコインを今のうちに購入し、

 

ガチホをすれば、価格高騰により仮想通貨で丸儲けが可能となります。

 

 

仮想通貨はイベントごとが大好きです。

 

 

イベントごとに高騰して、しばらくしたら落ち着く状況を繰り返し、

 

少しずつ底上げをしていくのです。

 

 

今回のオリンピックは、モナコインにとっても、

 

名前を知らしめるチャンスです。

 

 

ビットコインやライトコインなどとは異なり、

 

モナコインは、

 

 

完全日本製の仮想通貨

 

 

です。

 

 

これは日本国内においては、非常に効果が高いのですが、

 

世界を相手にしてみてみると、

 

 

やはり認知面では弱いと言わざるを得ません。

 

 

先日、ついにbitFlyerに上場しましたので、

 

今までよりは世界各国の人の目に留まりやすいです。

 

これが、東京オリンピックとなると、全世界が注目します。

 

ということは、日本製だからという理由だけで、

 

モナコインが売れていくということ自体もありえない話ではありません。

 

 

今がモナコインの買い時

 

つまり、東京オリンピックまであと2年です。

この間にモナコインを購入しておくとよいと思います。

 

東京オリンピックが近くなってくると高騰する可能性が十分ありますので、

 

今のうちに少しずつでもよいので買っておくことが重要です。

 

Zailのコイン積立であれば、買い忘れたりすることもなく便利に

 

仮想通貨を貯めることができます。

 

東京オリンピックの時には億り人!?

 

 

Zailのコイン積立についてはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ