ライトコインの将来を予想することは難しくない?

ライトコインは日本ではそこまでメジャーとは言い難いアルトコインですが、

 

時価総額で見ると、全体の第5位と、意外にも高ランクにつけています。

 

しかし、存在感は日本では薄いんですよね。

 

 

ということは、

 

 

ある意味ねらい目

 

 

のアルトコインということができます。

 

 

そんなライトコインの将来予想をしています。

 

この予想はまず外れないかなと思います。

 

根拠をご紹介しましょう。

 

 

ライトコインの将来予想が難しくない3つの理由

日本の取引所の扱いが多い

 

マイナーな仮想通貨だと、コインチェックくらいしか

 

国内の仮想通貨取引所での扱いがありませんでした。

 

 

あとは、Binance などの海外の取引所でしか購入できません。

 

 

しかし、日本ではあまりなじみの薄いライトコインですが、

 

以下の日本の仮想通貨取引所で扱われています。

 

 

〇bitFlyer

 

〇bitbank

 

〇GMOコイン

 

〇bit Trade

 

〇BTCBOX

 

 

意外に多くありませんか?

 

日本の仮想通貨取引所では、安定性の高い仮想通貨しか扱うことがありません。

 

特に、認可されている仮想通貨取引所では確実性を重視します。

 

コインチェックはみなし事業所なので認可はされていませんでした。

 

 

このライトコインの取り扱いの多いという事実は、

 

ライトコインが安定性が高く、信用できる仮想通貨ということを証明しています。

 

だから、将来にわたって、購入しておいて間違いないということになります。

 

 

 

開発者がはっきりしており、改善に前向き

 

ビットコインは、サトシ・ナカモト氏が開発した仮想通貨ですが、

 

サトシ・ナカモト氏がいったい何者なのか、日本人なのかすら明らかにされていません。

 

 

しかし、ライトコインは、チャーリー・リー氏が2011年に開発したものです。

 

このチャーリ―・リー氏は、元グーグルのエンジニアで、インターネットについては専門家です。

 

そんな素性のはっきりとしている人が開発しており、しかも、現在までセキュリティー面などの

 

改善をしばしば行ってくれています。

 

 

また、チャーリー・リー氏がライトコインを育てていきたいという思いが強く、

 

持っていたライトコインを手放しました。

 

これは、

 

 

「ライトコインで財産を増やすために開発しているのか?」

 

 

と思われたくないからだそうです。

 

つまり、純粋に、ライトコインを愛し、ライトコインを育てていきたいという思いで、

 

チャーリー・リー氏はライトコインをサポートしています。

 

これにより、ライトコインは常に前に向いて進めるようになっており、安心です。

 

 

アメリカではかなりの人気銘柄

 

アメリカの最大手仮想通貨取引所コインベースでは扱っている銘柄は下記の4つです。

 

 

〇ビットコイン

 

〇イーサリアム

 

〇ビットコインキャッシュ

 

〇ライトコイン

 

 

時価総額第3位のリップル(XRP)すら扱っていません。

 

これは、コインベースが運営しているGDAXでは有名かつ安定銘柄のみを取り扱うことになっています。

 

つまり、このGDAXで取引をされているということは、

 

安定しているため、将来の予想も明るいものしかないということを表しています。

 

そして、ここで扱われると、盛んに取引が行われるため、取引量も増え、

 

さらに価値を高めてくれます。

 

 

また、日本よりキャパシティーが大きく、多くの人が仮想通貨をしています。

 

世界的視点で見ると、やはりこの点も将来は明るいものだと考えられます。

 

 

以上のことより、ライトコインの将来予想は簡単で、安定性はバツグンなコインだといえるでしょう。

 

 

今はアルトコインの時代である理由はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ