仮想通貨の採掘(マイニング)は誰でもできるの?

マイニングという言葉を仮想通貨を知っている人なら見たことがあると思います。

 

マイニングは日本語では「採掘」と呼ばれています。

 

 

マイニングによって仮想通貨が維持されていることも知られていますが、

 

具体的にどうしているかをしっかりわかりやすくまとめたものは少ないようです。

 

 

ここでは、わかりにくいマイニングについて、まとめました。

 

 

大体、私たちにもマイニングができるのでしょうか?

 

 

ここからは、仮想通貨の代表であるビットコインを例にマイニングについて説明します。

 

 

仮想通貨のマイニング(採掘)に参加はできるのか?

マイニングとは?

 

まずは、マイニングのことを知らなければいけません。

 

ビットコインのマイニングでしていることは、

 

 

ブロックの作成とブロックの検証

 

 

です。

 

 

ブロックの作成は、取引を記録するための作業、

 

ブロックの検証は、他の人が作成したブロックの検閲

 

 

を行います。

 

 

つまり、ブロックチェーンで構成されているビットコインを維持するためには、

 

マイニングは欠かせません。

 

 

ブロックチェーンについて詳しくはコチラ

↓  ↓  ↓

ブロックチェーンがすっきりわかる方法

 

 

マイニングでしていることは何?

 

では、具体的にどのようなことをしてマイニングという作業をしているのでしょう?

 

 

簡単に言うと、

 

 

演算

 

 

です。

 

 

さらに、この演算とは、

 

 

規則性のない数字当てゲーム

 

 

みたいなものです。

 

しかも、ビットコインの場合、ブロックは10分に1つ作成されますから、

 

10分に1人しかブロックを作成しブロックチェーンにつなぐことができません。

 

残りの9人の人は落選です。

 

 

つまり早い者勝ち、スピード勝負なのです。

 

 

ですからマイニングをするためには、高性能なマシンが必要です。

 

いかに早く演算を終了させるか、これを競います。

 

 

なぜマイニングをしたがるのか?

 

タダでマイニングをしているわけではありません。

 

ビットコインはマイニングでしか、新規でビットコインは発行されません。

 

しかも期間によって、どんどんマイニングで発行されるビットコインの金額は、

 

半減します。これにより、ビットコインが増えすぎたりとかがなく、

 

価値の担保をビットコインはしているのです。

 

 

どんどん価値が減るならそんなにマイニングに力を入れなくてもいいんじゃないの?

 

と思ってしまいますが、

 

ビットコインが新規発行されるのはマイニングの時だけですので、

 

新しいビットコインを手に入れるためにマイニング参加者はいそしんでいるわけです。

 

 

まぁ、考えてみれば、2018年4月現在、マイニングで発行されるビットコインは、

 

12.5ビットコインです。

 

つまり、マイニングをするだけで12.5ビットコインがもらえるわけです。

 

今のレートでざっくり計算すると、

 

 

約1千万円

 

 

です。

 

これはやる価値があるでしょ?

 

だからみんなマイニングに参加したい気持ちを持つわけです。

 

 

誰でもマイニングできるの?

 

では、だれでもマイニングをすることはできるのでしょうか?

 

 

結論的にいると、

 

理論上はだれでもマイニングできるが、

 

実際はマイニング参加者グループだけがマイニングをしています。

 

 

やはり、演算が早い者勝ちですので、ハイスペックマシンが必要となります。

 

そうなると、個人での太刀打ちは困難になってしまいます。

 

 

ですから、今のビットコインシステムでは、一般の人々が、マイニングを始めても。

 

ほとんど勝ち目はありません。

 

マイニングするより、ビットコインを購入して取引をする方が勝負になりますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ