実態がない!なのになぜ仮想通貨は存在できるのか?

 

新聞などでにぎわせている仮想通貨ですが、

 

「通貨」という割には、

 

 

「仮想通貨を私、見ました!」

 

 

という人に出会えません。

 

 

たまーに

 

「このまえ集会所でたくさんの人が集まって仮想通貨を配ってたよ」

 

なんて話を小耳にはさむことがありますが、

 

 

それは

 

 

詐欺

 

 

です。

 

 

なぜなら、

 

 

仮想通貨って実体(実態)がないんです。

 

 

通貨なのに実態がない???

 

 

では、いったい仮想通貨って何者なのでしょうか?

 

 

実態がないのに存在する仮想通貨は何者なの?

仮想通貨って何?

 

基本的なことですが、

 

仮想通貨って何なのでしょう?

 

 

仮想通貨は、ビットコインに代表される、

 

仮想上のお金です。

 

 

しかも、仮想通貨は円などの法定通貨とは異なり、

 

価値は市場で決定されます。

 

 

ですから、

 

 

欲しい人が多ければ、価値が高くなり、

 

欲しい人が少なければ、価値は低くなります。

 

 

では、仮想通貨の代表であるビットコインで具体的にみていきましょう。

 

 

ビットコインで仮想通貨を読み解く

 

ビットコインは、「コイン」という名称でありながら、

 

硬貨で存在しているわけではありません。

 

 

もちろん、ビットコイン以外の仮想通貨もすべてそうです。

 

 

 

ビットコインは

 

 

データ

 

 

として、インターネット上に存在しています。

 

 

つまり、

 

ビットコインなどの仮想通貨の取引とは、

 

 

インターネット上でのデータのやり取り

 

 

を指します。

 

 

 

あくまで、

 

「ビットコインという名のデータ」

 

を取引しているのです。

 

 

ですから、そのデータを我々は購入し、売買して、

 

投資の場合、利益をあげていくということです。

 

 

わかりましたでしょうか?

 

 

私は、最初にこれを言われても

 

ふんふん。

 

 

とはいうものの、いまいちよくわかりませんでした。

 

 

おそらく、仮想通貨に興味を持ち始めたばかりの人は一緒だと思います。

 

 

〇なんで、データだけなのに利益がでるの?

 

〇どうやって、データの安全性を確保しているの?

 

〇なんで、データで物が買えたりするの?

 

 

こんな疑問が出てくるのではないでしょうか?

 

 

そして、混乱して、

 

クレジットカードや電子マネーと頭がごちゃごちゃになってしまいます。

 

 

そこで、私は考えました。

 

 

そして、ある人に教えてもらったことで、

 

仮想通貨の理解が一気に進んだのです。

 

それをあなたと分かち合いたいと思います。

 

 

実態がないのでわかりにくい仮想通貨が一瞬で理解できます。

 

 

仮想通貨はドラクエで考えよう

 

ドラクエ。

 

 

そう。

 

昔からあるロールプレイングゲームの王様

 

ドラゴンクエスト

 

です。

 

 

 

仮想通貨を考える上で、このドラクエ説は目からウロコでした。

 

みていきましょう。

 

 

ドラクエは、

 

 

雑魚モンスターを倒したりしながら、お金を稼ぎ、

 

武器を購入し、仲間と一緒にモンスターを倒しながら、

 

姫を救い出す。

 

 

これです。

 

 

これをそっくり仮想通貨に当てはめると、

 

 

自分で稼いだ日本円などで、仮想通貨を購入し、

 

仮想通貨投資仲間と一緒に価値が上がるのを待って

売却して利益を得る。

 

 

わけです。

 

 

そして、仮想通貨がドラクエと決定的に同じところは

 

 

仮想通貨もドラクエのお金も

 

どちらも

 

 

実際にお金(コイン)があるわけではなく、

 

その世界において、金額がいくらあるというデータ

 

 

だけだということです。

 

 

つまり、ドラクエなら、ドラクエの中だけでしか通用しない

 

お金というデータで武器を買ったり薬草を買ったりしている

 

だけです。

 

 

ドラクエでもお金はアニメーションでは見えますが、

 

実際に自分の手元に入っていて目で見えるわけではありません。

 

 

仮想通貨も同じなんです。

 

仮想通貨というデータを取引しています。

 

 

しかし、ひとつだけドラクエと決定的に異なる点があります。

 

 

それは、

 

 

仮想通貨は実際にモノが買える!

 

 

これです。

 

 

つまり、

 

 

『仮想通貨は現実社会でも使うことのできるゲームの中のコイン』

 

 

ということができます。

 

 

どうです?

 

ピンときましたか?

 

 

仮想通貨は目で見えないデータだけだけど、

 

そのデータが価値を持つ意味がお分かりいただけたかと思います。

 

 

だから、仮想通貨というものを手に取ってみることができなくても

 

データ自体に価値があるんですね。

 

 

これから仮想通貨を知れば知るほど、便利なものだということがわかってきます。

 

そして、何よりも、

 

 

儲かる可能性が高い

 

 

投資商品です。

 

 

ぜひとも一緒に学んでいきましょう。

 

 

 

仮想通貨と電子マネーとの違いについてはコチラ

↓   ↓   ↓

仮想通貨と電子マネーは似ているけど違うもの

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ