仮想通貨と電子マネーは同じ?違いはあるの?

 

よく比較される、

 

 

仮想通貨と電子マネーってどこが違うの?

 

 

という疑問ですが、

 

わかりますか?

 

 

どちらにも言えるのは、

 

外見を見ても中身はさっぱりわからん

 

ということです。

 

ここでは、仮想通貨と電子マネーの違いをはっきりと理解しましょう。

 

 

仮想通貨と電子マネーは全く違うものなのだ

仮想通貨の本質

 

仮想通貨の技術的本質は、

 

 

ブロックチェーン

 

 

にあります。

 

 

ブロックチェーンという技術があることによって、

 

中央管理者が不在

 

でも仮想通貨というシステムが作動し続けるのです。

 

 

これは仮想通貨の中の代表、ビットコインの元となった

 

サトシナカモト氏の論文

 

「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System 」

 

によってあみだされました。

 

 

中央管理者がいないため、

 

システムルールにのっとって、各自で管理をします。

 

 

そして、仮想通貨は、

 

市場によってその価値が決定される

 

ため価値が常に動きます。

 

 

 

電子マネーの本質

 

電子マネーは今や私たちの生活になくてはならないものになっています。

 

 

代表的なものは、Suica・ICOKA などの交通系ICカードですね。

 

コンビニなどで利用する、nanacoも同じ電子マネーです。

 

 

電子マネーは、

 

 

あくまでも現金の代わり

 

 

という位置づけです。

 

 

たくさんの電子マネーがあるのは、

 

それぞれの企業がその企業関連の電子マネーを持つと、

 

顧客の囲い込みができたりするメリットもあるため発行することが多いためです。

 

 

さらに、

 

電子マネーは、それだけでは使えません。

 

 

その電子マネーカードに現金を入金します。

 

現金を入金すると使えますよね。

 

 

つまり、電子マネーの場合は、

 

電子マネーを発行している会社へ現金を前払いしている

 

のにすぎません。

 

 

基本となるのは、現金(日本円)です。

 

決済の時に、カードをかざしますが、

 

それは、入金していた現金から清算をしている行為にすぎないのです。

 

 

なぜ、仮想通貨と電子マネーは似ているのか?

 

このように、全く異なる仮想通貨と電子マネーですが、

 

よく混同されてしまいます。

 

 

仮想通貨は、仮想通貨自体に価値があり、その価値は市場で決定されるのに対し、

 

電子マネーは、価値はその国発行の法定通貨で決定されます。

 

 

 

こんなに違いがあるのになぜ混同されるのでしょうか?

 

 

それは、マネーという響きと決済行為にあるのではないかと思われます。

 

 

仮想通貨も最近では、どんどん実店舗で使用できる店が増えてきました。

 

しかも、決済の時には、電子マネーと同じようにかざす行為をする

 

(実際は、QRコードを読み取るなど)ため、混同されてしまうのではないでしょうか?

 

 

この決済行為は非常に似ていますが、実態は待った異なるものです。

 

 

仮想通貨の場合は、仮想通貨自体に価値があり、市場で価値が変動することから、

 

決済のタイミングによっても価値は変動するというリスクもあります。

 

つまり、今確認して100の価値だったものが、

 

決済の時には、105になっているかもしれないし、95になっているかもしれません。

 

 

このように仮想通貨は常に価値が変動しています。

 

これも電子マネーでは考えられないことですね。

 

 

しかし、これからは仮想通貨が決済手段の主流になることも十分考えられています。

 

より仮想通貨を知ることは、将来の生活に向けて役に立つに違いありません。

 

 

仮想通貨ってメリットについてはコチラ

↓  ↓  ↓

仮想通貨のメリットをまとめました

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ