上昇しそうな仮想通貨・消えそうな仮想通貨を見極める方法

仮想通貨で何が難しいって、

 

「どの銘柄を買おうか?」

 

ってことじゃないでしょうか?

 

 

どの銘柄があがるかどうかなんて確証は誰にもありません。

 

 

しかし、上昇しそうな仮想通貨や消えそうな仮想通貨を見極める方法はあります。

 

 

とはいえ、上昇しそうな仮想通貨は正直、あまりあてにならないかもしれません。

 

なぜなら、いつ上昇するかを判断することはできないからです。

 

なので、価値がこれ以上下がることはないだろうという視点でみていただければと思います。

 

 

上昇しそうな仮想通貨と消えそうな仮想通貨の特徴はこれだ!!

上昇しそうな仮想通貨

 

上昇しそうな仮想通貨の特徴を知るうえで、大切なのは、

 

 

時価総額

 

 

です。

 

 

この時価総額上位10位以内であれば、これ以上下がるということは考えにくいですね。

 

 

なぜなら、2000種類近くもある仮想通貨の中でトップ10です。

 

その下には、1990種類もの仮想通貨があるんですよ。

 

ですから、このトップ10は固いと考えて間違いありません。

 

 

そして、もう一つ上昇しそうな仮想通貨ですが、

 

 

取引所に新規上場する仮想通貨は高騰する

 

 

という法則のようなものがあります。

 

 

事実、ライトコインは、取引所bitFlyer(ビットフライヤー)で上場されると、

 

一気に高騰しました。

 

 

つまり、いかに新規上場する仮想通貨の情報を手に入れるかです。

 

 

これについては、ネット上で様々な情報が流れ、憶測もありますが、

 

探していくことが一番です。

 

 

世界的には、アメリカ最大手の取引所コインベースの動きには注目すべきですし、

 

日本では、前述したbitFlyerです。

 

 

そして、日本においては、2018年中に

 

 

SBIバーチャルカレンシーズ

 

 

が仮想通貨取引所に参入・新規開設を予定しています。

 

 

このSBIバーチャルカレンシーズで取り扱いを予定している仮想通貨は、

 

 

○ビットコイン(BTC)

 

○イーサリアム(ETH)

 

○リップル(XRP)

 

○ビットコインキャッシュ(BCH)

 

 

になるようです。

 

 

ビットコインはすでに、基本的な価格が高くなりすぎているので、

 

主な投機対象とはなりにくくなっています。

 

 

それ以外の3銘柄は、SBIバーチャルカレンシーズ開設と同時に、

 

値を上げる可能性が十分あります。

 

今のうちに注目をしておく方がよいでしょう。

 

 

消えそうな仮想通貨

 

一方、消えそうな仮想通貨は、

 

時価総額の50位以下です。

 

 

ほとんどの草コインと呼ばれる

 

今価値がほとんどついていない仮想通貨は

 

上がるかどうかはギャンブル的要素がほとんどです。

 

 

しっかりとした情報を集めて、余剰資金があれば投入してもよいでしょう。

 

 

しかし、一般的には、やはりリスクが高すぎると思いますので、

 

傍観しておく方がいいと思います。

 

 

そして、パンフレットなど紙媒体で広告をしている仮想通貨があれば、

 

それはほぼ100%詐欺コインですので手を出してはいけません。

 

ねずみ講などの可能性が高くなります。

 

 

ちなみに、ビットコインはすでに高額になりすぎています。

 

今から、投入するのであれば、アルトコイン(=ビットコイン以外の仮想通貨)にしましょう。

 

 

特に、今はビットコインキャッシュに注目しています。

 

ビットコインキャッシュに注目している理由はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ