仮想通貨はなぜ価値が上がるのか?どういう仕組み?

仮想通貨って不思議ですよね?

 

 

目の前にお金が積まれているわけでもないのに、

 

ビットコインで言えば、

 

1BTC=75万円

 

という数字が出ている。

 

 

ほんまかいな?

 

 

とつっこみたくなります。

 

 

そして、

 

 

実体がないのに、

 

上がったり

 

下がったり

 

 

します。

 

 

なぜ仮想通貨は価値が上がったり下がったりするのでしょうか?

 

 

仮想通貨はなぜ価値が上がるのか?どんな仕組みなの?

通貨の価値

 

そもそも、大昔は、石を貨幣として使用していました。

 

 

よく考えてみれば、です。

 

 

その辺に転がっている石でも貨幣として使われていたかもしれません。

 

そう考えると、貨幣(通貨)の価値ってなんなのでしょうか?

 

 

それは、

 

 

信用

 

 

です。

 

 

その石を『価値があるもの』として信用するかしないか

 

 

それだけです。

 

 

日本円でも同様のことが言えます。

 

硬貨の原材料は1円玉だったらアルミニウムだし、10円玉なら銅です。

 

 

実は、1円玉1枚作るのに2円程度かかるそうです。

 

 

でも、我々は、1円玉を2円として使いません。

 

1円としか価値を見出していませんよね?

 

 

この根拠はどこにあるのでしょうか?

 

 

その根拠は

 

 

国が発行しているから

 

 

です。

 

 

いわゆる法定通貨と呼ばれるからです。

 

 

国が、1円玉は1円、10円玉は10円、1万円札は1万円という価値を担保してくれます。

 

 

国が発行しているから私たちも信用します。

 

 

国という担保もあります。

 

 

だから納得して、1円玉は1円ということで、市場でやりとりができるのです。

 

一方、仮想通貨はどうでしょうか?

 

 

 

仮想通貨の価値

 

仮想通貨の価値は、

 

いかに、その仮想通貨を信用するかどうか

 

で決定します。

 

では、私たちが、その仮想通貨を信用するための担保はなんでしょうか?

 

 

改ざんや不正ができないこと

 

最も重要なのは、改ざんや不正ができないことです。

 

つまり、変わらない価値を保証しなければなりません。

 

 

たとえば、ビットコインでは、ブロックチェーンと呼ばれるシステムで改ざんや不正ができません。

 

発行されてからの記録がずーっとつながってきているため、

 

改ざんをするとすぐにわかってしまいます。

 

 

さらに、送金記録なども、全世界に公開されており、

 

誰でも確認をすることができます。

 

 

仮想通貨自身もその売買記録も送金記録もすべて記録され、公開されているので、

 

不正ができない・改ざんできないということで価値を保証しています。

 

 

発行上限が決まっている

 

価値を決めるうえで、希少性は重要です。

 

 

日本でも、

 

 

期間限定

 

数量限定

 

 

といわれるとほしくなりませんか?

 

 

供給量の上限があると、それ以上はないわけですから、

 

あるものをいかに手に入れるかです。

 

 

仮想通貨も基本的に発行上限が決まっています。

 

さらに発行されるタイミングも決まっているものがあります。

 

 

発行されただけしか仮想通貨としてはないわけですから、

 

価値があるのです。

 

 

そして、希少性が高く、欲しい人が多いほど、価値は高くなっていきます。

 

 

特定の思惑の影響がない

 

誰かに頼んだらこっそり仮想通貨を追加発行してくれるようなことはありません。

 

 

すべて、発行が始まった時からプログラムで定められているからです。

 

 

つまり、私たちの思惑が全く影響されないのです。

 

 

これは、前述の不正・改ざんができないことや限りがあることともつながっています。

 

誰かの思惑が影響されれば、不正・改ざんとしてすぐにわかってしまいます。

 

一切の思惑の影響を受けないから、信用できるのです。

 

 

仮想通貨の価値が上がる仕組み

 

ここまでくれば、すでにおわかりでしょう。

 

 

仮想通貨の価値が上がる仕組みは、

 

○仮想通貨がほしい人

 

○限りある仮想通貨

 

○役に立つかどうか

 

 

これらが合わさった時に、その仮想通貨を信用することができます。

 

信用されたときに価値が発生し、市場でのやり取りが始まります。

 

 

今は、ビットコインが最も価値が高くなっていますが、

 

最近では、ビットコイン以外のアルトコインと呼ばれる仮想通貨が

 

どんどん人気が高まってきています。

 

 

ただし、言い換えれば、

 

 

信用がなくなったら、

 

 

欲しい人はいなくなり、

 

役に立たないため、

 

 

一気にその仮想通貨の価値はなくなります。

 

 

ですから、まずは、ある程度時価総額の高い仮想通貨をおすすめします。

 

 

時価総額が高いということは、

 

 

ある程度市場での価値が認められている = 欲しい人がいる

 

 

ということですから、比較的安心です。

 

 

仮想通貨を購入する前に、なぜその仮想通貨が価値が出ているのかを調べてから購入すると、

 

安全ですし、新しいことがわかるかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ