おすすめできる日本の仮想通貨取引所一覧

日本の仮想通貨取引所は多くあります。

 

 

しかし、コインチェックのネム流失事件でも明らかになったように、

 

 

金融庁の認可仮想通貨取引所と、

 

みなし仮想通貨取引所

 

 

とあります。

 

コインチェックは、みなし仮想通貨取引所でした。

 

 

今回の事件でもわかるように、

 

認可仮想通貨取引所とみなしでは、

 

安心感が違います。

 

 

もちろん、厳しい金融庁の調査を経ているため、

 

信用性も違います。

 

 

ここでは、認可仮想通貨取引所のうち、

 

安心しておすすめできる取引所をご紹介します。

 

 

安心して利用できる仮想通貨取引所一覧

 

SBIバーチャルカレンシーズ

最もおすすめしたのは、SBIバーチャルカレンシーズです。

 

2018年6月から営業を開始した、SBIグループの取引所です。

 

 

基本的には販売所ですが、スプレッド(手数料)は極力小さくするよう

 

会長命令が出ていますので、販売所でありながらお手軽に購入することができます。

 

 

取り扱い通貨は、

 

〇リップル(XRP)

 

〇ビットコインキャッシュ(BCH)

 

〇ビットコイン(BTC)

 

〇イーサリアム(ETH)※予定

 

 

です。

 

SBIバーチャルカレンシーズは、6月は事前口座申し込みを行った人のみとなっており、

 

7月以降に一般の人の口座開設受付が開始となります。

 

それまでは、利用ができないのがデメリットですね。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズではセキュリティー対策に、

 

コールドウォレットはもちろん、セコムと業務提携をしており、万全の体制です。

 

 

セキュリティー面と販売所でありながらの最小スプレッドを目指すこと、

 

母体が、SBIグループで安心なことから最もおすすめいたします。

 

 

 ⇒SBIバーチャルカレンシーズを最も強くおすすめする理由はコチラ

 

 

 

ビットバンク(bitbank.cc)

続いておすすめなのは、ビットバンクです。

 

ビットバンクは、現在2018年9月30日まで購入手数料が無料です。

 

 

手数料が無料ということは、かなりお得です。

 

 

しかも、販売所ではなく、取引所なので安く購入することができます。

 

 

ビットバンクで取り扱っているのは、

 

〇ビットコイン(BTC)

 

〇イーサリアム(ETH)

 

〇リップル(XRP)

 

〇ビットコインキャッシュ(BCH)

 

〇モナコイン(MONA)

 

 

です。

 

 

リップル(XRP)では取扱量が世界一になったこともあり、

 

また、コールドウォレット・マルチシグもしっかりと登録しているため安全です。

 

 

手数料が無料ということで、仮想通貨を安く購入したい人におすすめです。

 

 ⇒bitbankが手数料無料であったり、安全性が高い理由はコチラ

 

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

続いては、bitFlyerです。

 

 

大企業がバックについており、日本においては最大手です。

 

ビットコインの日本における取扱量も一番多く、日本で仮想通貨をする人は、みんな登録しています。

 

 

取り扱い通貨は、

 

 

〇ビットコイン(BTC)

 

〇イーサリアム(ETH)

 

〇ビットコインキャッシュ(BCH)

 

〇イーサリアムクラシック(ETC)

 

〇ライトコイン(LTC)

 

〇モナコイン(MONA)

 

〇リスク(LISK)

 

 

です。

 

 

特にリスクを扱っている数少ない取引所です。

 

 

アルトコインのスプレッドは高めですが、取扱数が多く、

 

また、条件がそろっていれば、500万円までの保証もあるため人気です。

 

 

日本を代表する取引所でもあり、登録しておくべきでしょう。

 

 

※2018年6月22日には、金融庁からの指導で、顧客情報の管理に不備があり、

 

一時的に新規口座開設を凍結しております。ご注意ください。

 

 

 ⇒初心者がまずbitFlyerを登録した方がいい理由はコチラ

 

 

 

Zaif(ザイフ)

Zaifは、ビットコインの購入時の手数料がマイナスであり、

 

ビットコインを購入すると、少しだけお小遣いが付いてくるというものです。

 

 

普通は取られるはずの手数料が、なく、むしろお小遣いがもらえるのは魅力的です。

 

 

また、トークンの取り扱いも多くなっています。

 

 

取り扱い通貨は、

 

 

〇ビットコイン(BTC)

 

〇イーサリアム(ETH)

 

〇ビットコインキャッシュ(BCH)

 

〇ネム(NEM/XEM)

 

〇モナコイン(MONA)

 

となっています。

 

 

トークンでは、

 

 

〇ZAIF(ザイフ)

〇XCP(カウンターパーティー

〇BITCRISTALS(ビットクリスタルズ)

〇SJCX(ストレージコインX)

〇FSCC(フィスココイン)

〇PEPECASH(ペペキャッシュ)

〇CICC(カイカコイン)

〇NCXC(ネクスコイン)

〇JPYZ(ゼン)

〇CMS:ETH(コムサ<ERC20トークン>)

〇CMS:XEM(コムサ<Mosaic>)

となっており、トークン主体にしたい方はおすすめです。

ビットコイン以外のアルトコインは手数料もあるのでよく比較して購入するのがよさそうです。

セキュリティー面は少し弱いので、自分で対策をする方がいいと思います。

 ⇒Zaifには積立という手もあります。詳しくはコチラ

DMMビットコイン

新しい仮想通貨取引所です。

アルトコインでレバレッジをするなら必須の取引所となっています。

取り扱い通貨は、

〇ビットコイン(BTC)

〇イーサリアム(ETH)

です。

レバレッジ取引可能な通貨は、上記に加えて

〇ネム(NEM/XEM)

〇リップル(XRP)

〇ライトコイン(LTC)

〇イーサリアムクラシック(ETC)

〇ビットコインキャッシュ(BCH)

です。

アルトコインでレバレッジができるのはDMMビットコインだけなので、

レバレッジを主に考えているならおすすめです。

 ⇒DMMビットコインは口座開設を急いだ方がいい理由はコチラ

GMOコイン

インターネット巨大グループのGMOインターネットが母体です。

販売所なので、価格が高いのが問題ですが、

すぐ手に入れたい場合には非常に使い勝手がいいです、

取り扱い通貨は、

〇ビットコイン(BTC)

〇イーサリアム(ETH)

〇ライトコイン(LTC)

〇ビットコインキャッシュ(BCH)

〇リップル(XRP)

となっています。

特に、リップル(XRP)を扱っているのはうれしいですね。

販売所なのですぐに売買できることもメリットです。

 ⇒GMOコインは初心者におすすめな理由はコチラ

たくさんの仮想通貨取引所がありますが、

ご紹介したところは、すべて、金融庁の認可を受けています。

取引所の口座開設は無料でできるので、

すべてしておいてから、利用数仮想通貨取引所を選びましょう。

口座開設には時間がかかるので、とりあえずでもしておく方が、

必要時すぐに活用できますからね。

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ