【必見】自分の仮想通貨を徹底的に自分で守る方法

自分の仮想通貨が知らない間に消えていたらどうしますか?

 

あなたはきっと慌てふためくでしょう。

 

あなたでなくても私も慌てふためきます。

 

だって、自宅に空き巣が入って現金をとられたのと同じなのですから。

 

 

でも、実は、大家さんが合鍵で、

 

あなたの家の鍵を開けてそのままにしておいたために、

 

現金を盗られたとしたらどうでしょうか?

 

 

すっごい腹が立ちませんか?

 

 

当然、原因をつくった大家さんに文句をいいますよね?

 

 

なんで、鍵を開けたのか?

 

さらに、なんで開けっ放しにしたのか?

 

弁償しろ!

 

 

って必ず言いませんか?

 

 

私だったら言います!

 

 

でも、これと同じことが、実際に起きました。

 

2018年1月16日の

 

コインチェックのネム流失事件

 

です。

 

 

このコインチェックのネム流失事件をもとに、

 

どうやって、自分の仮想通貨を守ればいいのかをご紹介します。

 

 

自分の仮想通貨を自分で徹底的に守る方法はこれしかない

取引所を信用するな

 

コインチェックのネム流失事件では、

 

ネム(XEM)を

 

 

インターネットにつながった状態

 

 

で保管していたことから、外部アクセスによって侵入され盗まれました。

 

 

いわゆるホットウォレットです。

 

 

通常、すぐに取引に使う分だけ、ホットウォレットに入れ、

 

それ以外は、インターネットから遮断された状態のところに保管します。

 

 

これをコインチェックは、ビットコインに関しては、

 

遮断されたところに保管していましたが、

 

ネムは『業務対応が間に合わなかった』ために

 

ホットウォレット上で保管をされていたとのことです。

 

 

この問題は、まず、コインチェックという取引所に問題がありました。

 

 

コインチェックは、流失したネム(XEM)を日本円で返金しましたが、

 

レートの関係などから、すべての顧客が納得できる対応はできませんでした。

 

 

そして、この事件によって、コインチェックはマネックスグループの完全子会社となりました。

 

この事件からもわかるように、

 

 

仮想通貨取引所を保管に関しては信用してはいけない

 

 

ということがよくわかった事例でした。

 

これにより、仮想通貨取引所の認可は金融庁が厳しくチェックすることになるのです。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズは別格か?

 

かねてから、SBIグループが仮想通貨事業に参入することは発表されていました。

 

しかし、前述のコインチェック事件などもあり、なかなか始動することができませんでした。

 

 

そして、ついに、2018年6月1日に

 

SBIバーチャルカレンシーズ

 

が開始しました。

 

 

前項で、仮想通貨取引所は信用するなと申しました。

 

しかし、このSBIバーチャルカレンシーズは別格です。

 

 

2018年6月から事業を開始したので、コインチェック事件後の認可です。

 

つまり、厳しい審査に合格した仮想通貨取引所となります。

 

SBIバーチャルカレンシーズ自体もセキュリティーにはかなり気を使っています。

 

そして、この、SBIバーチャルカレンシーズは取引所として預けてもよいかと思います。

 

 

理由として、

 

 

〇インターネットから遮断したエリアで仮想通貨を保管

 

〇セコムと業務提携している

 

 

この2つが挙げられます。

 

コインチェックと異なり、扱う仮想通貨すべてをインターネットから遮断して保管します。

 

これによってコインチェック事件のようなことはほとんど防ぐことができるといえるでしょう。

 

そして、セコムと業務提携しているのは、かなり心強いですね。

 

SBIの本気度がうかがえます。

 

 

日本において最強のセキュリティー対策をしているのは、

 

SBIバーチャルカレンシーズです。

 

 

最強のコールドウォレット

 

SBIバーチャルカレンシーズがいかにすぐれた

 

取引所だったとしても、

 

自分自身で管理すること以上に安全な方法はありません

 

 

ペーパーウォレット等の方法もありますが、

 

おすすめは、

 

 

ハードウェアウォレット

 

 

です。

 

 

特に

 

Ledger Nano S

 

これが最も安全です。

 

この、ハードウェアウォレットに保管をしておくことによって、

 

持ち運びができ、安全に管理をすることができます。

 

 

値段が、高いのが玉にキズですが、

 

これで自分の資産を現時点では完璧に守ることができるので、

 

考えようではありますが、決して高くはないと思います。

 

自分の資産を守るためには、それなりの対策が必要です。

 

私たちが、コインチェックのネム流失事件から学ぶべきことはなんなのか?

 

それは

 

 

自分の資産を自分で守ることの大切さ

 

 

です。

 

 

イーサリアムを持っている人はコチラのウォレットもおすすめです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ