仮想通貨ではビットコインよりもアルトコインに注目!!

 

ビットコインを代表とする仮想通貨ですが、

 

2018年1月には大暴落をしました。

 

 

この時は、ビットコインだけでなく、アルトコインも下がっています。

 

 

しかし、全体的にはビットコインの落ち幅が大きく取り上げられました。

 

今後の仮想通貨を占う中でなぜアルトコインに注目が集まるのか調べてみました。

 

 

仮想通貨は今、なぜアルトコインに注目が集まるのか?

ビットコインの推移

 

今まで、仮想通貨=ビットコインの時代が長く続きました。

 

といっても、ビットコインも正直パッとしないものでした。

 

 

しかし、2017年の仮想通貨元年に注目され始めると

 

一気に価格を押し上げました。

 

 

これはビットコインのチャートですが、

 

長く平穏な時期が続いていましたが、一気に価格上昇したのが見てとれます。

 

2018年1月の暴落も、あまりにも価格が一気に上がりすぎた部分の反動で下がった

 

という見方をしている人もいます。

 

 

私は、この意見に賛成で、一時的に200万円を超える値が付いたのは異常だったと思います。

 

価格上昇を押し上げたと言われているのが、コインチェック社やbitFlyerのテレビCM開始です。

 

 

これにより、知名度が一気に上がりました。興味を持つ人が爆発的に増えたため、

 

投機機運が高まり、購入者が殺到した形でしょう。

 

 

1月に暴落したのは、

 

一つは、1月は仮想通貨全体で下がりがちという毎年の傾向でもありますが、

 

上がりすぎた分、慌てて売却にみんなが殺到したということもあると思います。

 

 

現在では比較的安定して70~80万円で推移していますので、

 

しばらくはこの金額あたりが適正として推移するのではないかといわれています。

 

 

今はアルトコインに注目

 

しかし、今は、アルトコインの時代といわれています。

 

 

ビットコインは価格が一気に上昇しすぎてしまったため、

 

一般の人や新規参入者には金額が高すぎるようになってしまいました。

 

 

ビットコインは小単位から購入は可能ですが、

 

爆発的に価格を押し上げるということは今後は難しそうです。

 

 

そこで、投資目的の人は、ビットコイン以外の仮想通貨=アルトコインに注目しています。

 

しかし、アルトコインも2000種類近くあるといわれており、その価値価格はばらばらです。

 

その中で、どのアルトコインが将来値を上げるかを見極めて購入するのが、

 

今の仮想通貨投資の基本的スタンスです。

 

 

私が注目しているアルトコインとしては、

 

 

リップル

 

ネム

 

モナコイン

 

 

があります。

 

 

どれも特徴的であるとともに、日本の仮想通貨取引所でも購入できるものだからです

 

 

もちろん、海外の取引所でしか取り扱っていない、アルトコインには、

 

もっと価格が安くて将来性が高いものがあります。

 

 

しかし、日本の仮想通貨取引所で購入できる方が安心感が違います。

 

 

まずは、初心者は日本の取引所の中で最善の選択をする方がよいのではないでしょうか?

 

上記にあげたアルトコインにもぜひ注目してみてください。

 

 

ビットコインの価格がどうなるかの予想はコチラ

↓  ↓  ↓

ビットコインの価格は上がる?下がる?

 

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ