【初心者】仮想通貨の選び方は時価総額か取引所かで決めるべし!

初心者が一番最初に悩むことってなんですか?

 

 

「どこで何を買ったらいいの?」

 

 

これが一番じゃないですか?

 

 

だって、どうやって決めたらいいかわからないですよね。

 

基準があったり、指針があればそれに沿って考えるんですが、

 

こういう仮想通貨などには指針などありません。

 

 

しかし、仮想通貨の初心者だった私が考える、

 

 

失敗しない初めての仮想通貨選び

 

 

をご紹介します。

 

参考になればうれしいです。

 

 

初心者が迷う!最初の仮想通貨は時価総額と取引所で選べ!

時価総額とは?

 

時価総額とは何でしょう。

 

例えば、「Coin Market Cap」という仮想通貨の時価総額がまとまっているサイトを見てみましょう。

 

 

赤い線で囲っているところが時価総額です。

 

時価総額が高いということは、

 

 

それだけの価値がある=安定している

 

ということができます。

 

 

特に、1位~10位くらいまでをみておけば大丈夫です。

 

この中から選んでおけば間違いないでしょう。

 

 

ただし、これらの仮想通貨は、すでにある程度の価値が出てしまっています。

 

ですから、これから億り人のように、一気に何百倍も価値が上がることは

 

まず考えられません。

 

 

もし、あなたが、短期間でのハイリターンを求めているのであれば、

 

時価総額上位から選ぶことはやめたほうがいいでしょう。

 

何百倍もなることはまずありませんから、

 

草コインと呼ばれる時価総額の低い仮想通貨の中で

 

上がりそうなものを購入する方がハイリターンを得られます。

 

 

ただし、その場合は、ハイリスク・ハイリターンになります。

 

初心者は、まずは、ローリスク・ローリターンから始めるべきだと思います。

 

 

取引所から選ぶ

 

仮想通貨取引所は、日本においては、金融庁の認可があって営業できます。

 

 

しかし、資金決済法が改正される前から仮想通貨取引所を経営していたところは、

 

みなし事業所として運営ができます。

 

 

これで問題になったのが、コインチェックです。

 

 

みなし事業所でありながら、日本国内最多のアルトコイン(=ビットコイン以外の仮想通貨)の

 

取り扱いがありました。

 

 

コインチェックのネム流出事件以降、金融庁の審査も厳しくなっています。

 

そんな、厳しい審査をクリアした日本の仮想通貨取引所で扱っている仮想通貨を

 

購入することは、非常にメリットがあると思います。

 

 

また、金融庁の業務改善命令を受けている事業所もあります。

 

これは、セキュリティー面で不備があり指導が入っています。

 

これらをのぞいて考えると、

 

 

bitFlyer

 

 

が最も現時点で日本では安心安全な取引所です。

 

 

このbitFlyerで扱っている仮想通貨をbitFlyerで買っておけば確実です。

 

特に、bitFlyerには、最高500万円までの保証がついています。

 

ただし、二段階認証などきちんと対策を講じていたのにもかかわらずという注意書きが付きます。

 

しかし、こんなに手厚いところは、世界中を探してもありません。

 

この保証のこと等も考えると、初心者はまずはbitFlyerでの取引から始めるのがよいと思います。

 

 

色々と書いてあるサイトもありますが、

 

まずは、シンプルな道筋を提案いたしました。

 

時価総額上位で今後伸びそうな仮想通貨をbitFlyerで購入すれば、

 

これからどんどん仮想通貨について理解が進み儲けることにつながっていくことでしょう。

 

 

万が一、仮想通貨取引所が破たんしたらどうなるかはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ