イーサリアムのウォレットはこの中から選ぶべし

なぜか仮想通貨でウォレットといったらイーサリアムが有名です。

 

実際には、イーサリアムだけでなく、ビットコインでもネムでも

 

ウォレットは大切です。

 

 

2018年1月のコインチェックネム流失事件でも

 

ウォレットのことは大々的に報道され、重要性を身に染みて感じた方も多かったのではないでしょうか?

 

 

ここでは、イーサリアムを中心として仮想通貨のウォレットをご紹介します。

 

この中から選んでおけば問題ないですよ。

 

 

イーサリアムのウォレットはこの3つから選ぶべし

ハードウェアウォレット

 

特にお勧めは、Ledger Nano Sです。

絶対安全とまではいいませんが、現時点では最強のウォレットだと思います。

 

 

USBで接続をして使いますが、必要な時にだけインターネットへ接続し、

 

保存している仮想通貨のやり取りをします。

 

普段はインターネットから完全に切り離された状態ですので、

 

ネット上からのハッキングの可能性はゼロです。

 

 

 

ただし、このLedger Nano S自体を紛失してしまった場合はTHE ENDです。

 

また、もし壊れてしまったとしても、設定時に書き留めた復元フレーズを使って、

 

手順通りに進めていくことによって、保有データのすべてを復元することができる優れものです。

 

すごいですよね。

 

これから紹介するウォレットの中でも最も高価ですが、最も確実性の高いウォレットです。

 

安心感を含めてもこれがあればあなたの資産を守ることができます。

 

 

MyEtherWallet

 

イーサリアム専用のウォレットです。

 

最大の特徴として、

 

 

日本語対応

 

 

です。

 

 

これって地味に大事じゃないですか?

 

英語などでもなんとなくの感覚で使うことはできますが、

 

いまいち自信がないことありませんか?

 

特に仮想通貨の場合、金額も大きくなるので、

 

できれば、安心・安全・確実に管理したいですよね?

 

そんなときには、

 

 

MyEtherWallet

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、「秘密鍵」と呼ばれるキーワードを紙のメモや、ハードウォレットで管理します。

 

その「秘密鍵」さえあれば、いつでもWeb上で取り出すことができるのです。

 

また、捜査をするときには、オフラインから取引データを作成することができます。

 

オンラインにするのは送信するときだけ

 

これによって、

 

 

オンライン上で「秘密鍵」が出てくることが一切ありません。

 

つまり、ほとんどの作業がオフライン上なのでリスクがかなり少ないのです。

 

ただし、「秘密鍵」自体の管理をきちんとしておかないと、意味がありませんのでご注意を。

 

 

イーサリアム専用モバイルウォレット

 

なんと、イーサリアムには、専用のモバイルウォレットがあります。

 

popshootという会社が開発した

 

 

Wei Wallet

 

 

です。

 

操作画面はシンプルで簡単です。

 

日本の企業が開発していることから、当然のことながら日本語や日本円で表記してくれます。

 

また、アプリケーションなので、インストールさえしてしまえば、すぐに利用できます。

 

設定画面からバックアップキーの確認ができるので、

 

万が一、スマホが壊れても新しいスマホで復元可能です。

 

 

ただし、現在iphoneのみの対応です。

 

 

コールドウォレットの使用については、

 

コインチェックのネム流失事件で非常に重要視されました。

 

自分の資産を自分で守れるところは守っていかなくてはなりません。

 

それに、取引所も安全なところを使うことが大切ですね。

 

仮想通貨のリスク回避策はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ