ブロックチェーンの仕組みがざっくりわかるとおもしろくなる

 

仮想通貨を調べていると必ず出てくる言葉があります。

 

 

ブロックチェーン

 

 

です。

 

(出典:https://cloudcontract.jp/blockchain)

 

イメージとしては、こんな感じですね。

 

 

こういう図はよく見るんだけど、

 

 

いまいち何が入っているかわからないし、

 

なんで改ざんされないのかわからない。

 

 

こんな疑問が浮かんできます。

 

 

ここでは、ざっくりとブロックチェーンの仕組みを理解していきましょう。

 

 

なお、ここでは、ブロックチェーンのことをよりわかりやすくするために、

 

仮想通貨の中の代表であるビットコインを例にとって説明します。

 

 

ブロックチェーンの仕組みは画期的発明だ

ブロックチェーンを一言でいうと?

 

ブロックチェーンを一言で言い表すならば、

 

 

自動の取引処理システム

 

 

です。

 

 

ブロックチェーン自体は、

 

 

分散型取引台帳

 

 

と訳されますが、よくつかめないので、

 

自動の取引処理システムと覚えましょう。

 

 

中央管理者不在のブロックチェーン

 

ブロックチェーンには中央管理者がいません。

 

 

ですから、個人と個人との直接やり取りによって取引が完了します。

 

 

そして、このやり取りを見守る(管理する)システム参加者がいます。

 

 

このシステム参加者には誰でもなれます。

 

 

そして、このシステム参加者が不特定多数おり、

 

この参加者が管理者となるのです。

 

 

ですから、「中央」管理者は不在ですが、管理者は存在することになります。

 

このやり取りは、ブロックと呼ばれる帳簿を作成することによって記録されます。

 

 

このブロックを不正なく参加者がつないでいく必要がありますが、

 

この不正なく作成するために、他の参加者による検閲が行われます。

 

 

そして、不正があればそのブロックはぽいっと捨てられます。

 

これによって、正しいブロックだけがチェーンのようにつながっていくのです。

 

 

ブロックチェーンのデータは世界中に公開されている

 

ブロックチェーンのデータは世界中に公開されています。

 

公開されることによって、不正がないかどうかを検閲するわけです。

 

 

でも、逆に考えると、すべてのデータが公開されているわけですから、

 

個人情報はダダ漏れじゃないかと心配になりませんか?

 

 

安心してください。

 

 

ビットコインの場合、ビットコインアドレスというものを付けて

 

取引を行っていきますが、このビットコインアドレスは、

 

個人情報とは全く切り離されたもので、処理上のためのものですから、

 

ビットコインアドレスから個人情報が導き出されることはありません。

 

 

ブロックチェーンが不正できない理由

 

ブロックチェーンは不正がかなり難しい仕組みです。

 

なぜなら、ブロックを参加者が作成し、それを他の不特定多数の参加者が検閲をするからです。

 

 

これにより、ブロック作成に不正が難しいことはお分かりいただけましたか?

 

 

さらに、このブロックがチェーンのようにつなげられることによって、

 

より取引の不正ができないようになっています。

 

 

どういうことかというと、

 

ブロックを参加者が作成する際に、

 

取引情報だけでなく、

 

 

ひとつ前のブロックのデータを入れ込む

 

 

ことがルールで決められています。

 

 

これにより、ひとつ前とのブロックと新しいブロックとの関係がつながりました。

 

これがチェーンの実態です。

 

 

これらがつながっていくことにより、

 

1つ不正をすると、その1つ前も修正が必要であり、

 

さらにその1つ前も修正をしなければならなくなります。

 

 

現実的にこれは修正不可能です。

 

 

ですから、ブロックチェーンは不正が実質できなくなっており

 

逆に、不正がないことが証明されているのです。

 

 

よく考えられていますよね。

 

 

ブロックチェーンでできないこと

 

このよくできた仕組みブロックチェーンの主たる役割は、

 

 

記録を残すこと

 

 

です。

 

 

この不正なく記録を残すことに長けたブロックチェーンですが、

 

ブロックチェーンでできないことも存在しています。

 

 

正しいかどうかの判断

 

ブロックチェーンは、不正を防ぐための仕組みはほぼ完ぺきではないかと

 

言われています。

 

 

しかし、このブロックチェーンはその管理しているそのものが正しいかどうかは判断できません

 

つまり、スタートが誤ったデータであったりした場合には、

 

ずーっと間違ったままのものがつながっていきます。

 

 

データでないものは扱えない

 

ブロックチェーンは人工知能AIではありませんので、

 

ブロックチェーン自身が判断することはありません。

 

あくまでシステムだからです。

 

 

そのため、データでないものは扱えません。

 

抽象的なものの管理には不適切だと言えるでしょう。

 

 

 

このように、ブロックチェーンは私たちの生活を変える可能性があります。

 

中央管理者不在であっても、不正を防ぐことができる

 

という考えは今までなかったのではないでしょうか?

 

 

このブロックチェーンはビットコインをはじめとする仮想通貨以外にも応用することができます。

 

私たちの身近なところでブロックチェーンが役に立つ日もそう遠くはないでしょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ