ビックカメラでビットコインは使えるがほとんど日本人!?

2017年4月からビックカメラの一部店舗でビットコインが使用できるようになりました。

 

家電量販店というと、金額も高くなるし、

 

訪日客の免税でさぞかし海外からの決済で利用されているだろうと思っていましたが、

 

実際には、そうではなくほとんどが日本人のようです。

 

なぜこのような事態が起きてしまっているのでしょうか?

 

 

ビットコインをビックカメラで使っているのは日本人??

ビットコインを導入した目的

 

そもそも、ビックカメラでは、なぜビットコイン決済を導入したのでしょうか?

 

 

ビックカメラの広報部によると、

 

もともとビックカメラは電子決済を積極的に取り入れていたそうです。

 

Suicaを皮切りに、楽天Edy・WAON・nanacoなどなど、

 

ほとんどの電子マネーが使えます。

 

 

ですので、現金やクレジットカード以外の決済について抵抗が少なかったとのことです。

 

そして、改正資金決済法が成立し、仮想通貨が通貨として認められるようになり、

 

お客さんからの問い合わせも増えてきたそうです。

 

 

そこへ、bitFlyer(ビットフライヤー)から導入しませんかという話があり、

 

導入にいたったとのことです。

 

 

つまり、ビックカメラには、多種多様な決済方法がもともとあり、

 

ビットコインでの決済もその決済方法の追加にすぎない程度で、

 

ある意味ビットコインの導入は当然だったのかもしれません。

 

 

本来のターゲットは中国からの観光客だった

 

ビックカメラがビットコインを導入したものの、

 

当初想定していたターゲットは中国からの観光客でした。

 

 

訪日でにぎわって家電を買い求める人も多かった2店舗で試験導入となっています。

 

これは中国でのビットコイン保有数が多いということもあり

 

ターゲットを中国人にしていました。

 

 

しかし、いざ始まってみると、ほとんどが日本人が使用していたそうです。

 

ほとんど中国人の利用はなかったのです。

 

これは想定外でした。

 

なぜなのでしょうか?

 

 

ビックカメラのビットコイン払いが日本人が多い理由

 

一つ目は、中国人が日本に旅行に来るときに、

 

たくさんの日本円を持って来ていたということです。

 

 

考えてみれば、我々も海外へ旅行に行くときには、

 

現地のお金を持っていきますよね?

 

 

それと同じで、日本に来る中国人観光客も日本円を

 

しっかり持っているからではないかとのことです。

 

日本円がたくさんあるのであれば、わざわざビットコイン決済をせずに日本円をつかいます。

 

ですので、ビットコインが出る幕がなかったということです。

 

 

そしてもう一つ理由があります。

 

訪日客はビットコインを使うために来ているわけではなく、

 

欲しいものがある店がたまたまビットコイン決済ができるようになっていたということです。

 

つまり、ビットコインが使えるからやって来てはいないということですね。

 

 

最後の理由としては、

 

ビットコイン決済を試してみたい日本人が多いということです。

 

お試しで決済をしてみようとした方が多かったようです。

 

 

しかも、12月までは決済上限が10万円だったのを30万円に引き上げました。

 

これは10万円までのビットコイン決済をされるかたも多くおられたため、

 

利便性を上げるためだそうです。

 

 

このように、ビットコインがビックカメラで使用できることは、新しいトピックスです。

 

しかし、ビットコインが使えるからビックカメラで買い物をしようという人は、

 

少ないようです。

 

 

あくまでも決済手段が増えたということで、ビックカメラ側も積極的に使ってもらおう

 

ということもないようです。

 

 

消費者の立場からは決済手段が増えることは喜ばしいですね。

 

問題点としては、

 

仮想通貨は価格変動が激しく、決済のタイミングによってレートがすぐに変わります。

 

これについては、ビックカメラで読み取り用のQRコードを発行したタイミングのレートです。

 

ビックカメラ側は決済にbitFlyerと提携をしているため、

 

もし、決済のタイミングによる変動でのマイナスが発生しても、

 

リスクはbitFlyerが追う形をとっています。

 

 

ですから、ビックカメラも導入がしやすかったというのもあるかもしれません。

 

 

これからもビットコインを決済方法に導入する企業は増えると思われます。

 

我々も決済手段として準備を考えておく必要がありますね。

 

ビットコインで支払いをするにはコチラ

↓  ↓  ↓

ビットコインで支払いを行うための方法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ