ビットバンクの送金手数料は本当に安いのか?

ビットバンクには、

 

 

bitbank.cc

 

 

bitbank Trade

 

 

と2種類ありますが、

 

ここでは、bitbank.ccの取引所のことを扱います。

 

(以下、ビットバンクと表記します)

 

 

ビットバンクは、最近人気急上昇中の仮想通貨取引所です。

 

 

なぜ人気なのかというと、

 

〇アルトコインの取引所での購入手数料が無料

 

〇ビットコインでアルトコインを購入するときの購入手数料が無料

 

 

と、入目的の人にとっては、とってもお得な取引所だからです。

 

しかし、一方で、他の取引所などで送金する

 

送金手数料

 

はかかります。

 

 

今回は、この送金手数料についてみていきます。

 

 

ビットバンクで送金手数料は本当にお得なのか?

送金手数料とは?

 

送金手数料とは、ビットバンクから他の取引所へ送金する際にかかる手数料のことです。

 

 

例えば、ビットバンクからbitFlyer(ビットフライヤー)へ送金するようなことですね。

 

 

実際に、他の取引所へ送金するのは手間がかかります。

 

 

一般の銀行でもそうじゃないですか?

 

自分のところの銀行の他の支店へ送金するときには無料だけど、

 

他の銀行に送金するときはやたらに高い手数料を取られると思いませんか?

 

 

銀行もそこで儲けているんですね。

 

 

仮想通貨取引所においても同じことです。

 

他の取引所などへ送金するには送金手数料がかかることを知っておきましょう。

 

 

ビットバンクの送金手数料

 

では、ビットバンクの送金手数料を見てみましょう。

 

 

ビットバンク ・・・   0.001BTC(約800円)

 

 

 

かかります。

 

 

ちなみに、

 

 

bitFlyer ・・・    0.0004BTC(約320円)

 

GMOコイン ・・・  無料

 

となっています。

 

 

ビットバンクは、やや高いということがお判りでしょう。

 

つまり、

 

 

送金手数料に関しては、ビットバンクは安くない

 

 

ということになります。

 

 

ビットバンクの賢い使い方

 

では、どのようにビットバンクを利用したらよいでしょうか?

 

ビットバンクの最大の特徴は、ビットコイン・アルトコインの取引所での購入が

 

手数料無料ということです。

 

 

つまり、

 

アルトコインをビットバンク内だけで取引をしていく人

 

ガチホをしっかりしたい人

 

はビットバンク向きです。

 

 

ビットコインだけを買いたい人は、

 

Zaif

 

がおすすめです。

 

唯一マイナス手数料となり、ビットコインをZaifで購入すると、

 

-0.01%の金利が付きます。

 

ビットコインを購入するだけで、ちょっとしたボーナスが出る感じのようです。

 

ですから、もし、ビットコインを購入だけするならZaifで間違いありません。

 

 

しかし、アルトコインも購入して、そのまま持っておこうと考える人は、

 

ビットバンクがとってもお得です。

 

 

かしこい人は、ビットバンクとZaifとbitFlyerの両方に登録してもらっています。

 

そして、アルトコインなら ⇒ ビットバンク

   ビットコインなら ⇒ Zaf

 

 

で間違いはないでしょう。

 

このように使い分けをすることが、よりお得に購入するための工夫ですね。

 

ビットコインとアルトコインの違いはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ