ビットコインキャッシュがハードフォークでついに基軸通貨になる??

ビットコインからハードフォークをして産まれたビットコインキャッシュですが、

 

当初は懐疑的な見方が多かったですね。

 

しかし、今では時価総額第4位の位置をキープしております。

 

 

この仮想通貨が、2018年5月15日に再度、ハードフォークを行いました。

 

ちなみにハードフォークとは、

 

 

①仮想通貨の分裂によって、新しい仮想通貨を産み出すこと

 

②今ある仮想通貨のアップデート

 

 

の2つのパターンがあります。

 

 

ビットコインキャッシュが生まれたのが、①の分裂による誕生です。

 

今回は②のアップデートになります。

 

 

今回のハードフォーク(アップデート)により、

 

ビットコインキャッシュが仮想通貨の基軸通貨になる可能性があるんです。

 

根拠とともに見ていきましょう。

 

 

2018年のハードフォークによってビットコインキャッシュは基軸通貨になる??

2018年のハードフォークの内容

 

今回のハードフォーク(アップデート)の内容を見てみましょう。

 

この中に基軸通貨になるかもしれないということのヒントがあります。

 

 

ブロック容量の増加

 

今回のハードフォークで、ビットコインキャッシュはブロックの容量変更を行いました。

 

今までは、1ブロック8MBでした。

 

 

ビットコインは1ブロック1MBですから、ビットコインキャッシュの8MBというのは8倍です。

 

これにより処理能力が格段に上がりました。

 

 

しかし、8MBでも処理詰まりが問題となっていました。

 

 

そこで、今回、32MBへ一気に4倍容量を増加させました。

 

これにより、さらに処理能力はあがることになりました。

 

 

処理が早ければ、実用能力が高くなります。

 

ビットコインキャッシュが実用性を備えている証拠ですね。

 

 

『基礎的な』スマートコントラクトを実装

 

時価総額第2位のイーサリアムの最大の特徴はスマートコントラクトです。

 

 

イーサリアムのスマートコントラクトについてはコチラ

 

 

このスマートコントラクトの基礎的なものを実装化しました。

 

 

ただ、ビットコインキャッシュのスマートコントラクトは、

 

基盤となるべきものではなく、ネットワーク維持と通貨の独占を避けるため のものです。

 

とはいえ、ビットコインにはないスマートコントラクトを実装したことは非常に大きい変化です。

 

 

ビットコインキャッシュが基軸通貨になるかもしれない根拠は?

 

基軸通貨とは、取引の際に基準となる通貨のことです。

 

世界の法定通貨で言えば、USドルですね。

 

仮想通貨では、今はビットコイン(BTC)です。

 

つまり、ビットコイン(BTC)と比較して価値がどれくらいあるのかをはかる基準ということです。

 

 

今回のハードフォークで、

 

なぜビットコインキャッシュは基軸通貨となりうる可能性があるのでしょうか?

 

 

実用面で使いやすい

 

ビットコインは1ブロック生成するのに10分かかります。

 

ビットコインキャッシュは現在の容量では、2分程度で可能ではないかといわれています。

 

その差は歴然としています。

 

実際に使い勝手が良いのはビットコインなのか、ビットコインキャッシュなのかといわれると

 

一目瞭然ですね。

 

 

つまり、実用性は、ビットコインキャッシュの方が優れている=流通しやすいということです。

 

さらに、マイクロソフトはビットコインキャッシュでの支払い

 

オプションながら選ぶことができるようになりました。

 

 

SBIバーチャルカレンシーが注目

 

SBIバーチャルカレンシーは、2018年中に仮想通貨取引所事業に参入を予定しています。

 

当初は2月には参入といわれていましたが、コインチェックのネム流出事件などで、

 

金融庁の認可待ちとなって遅れています。

 

 

このSBIバーチャルカレンシーの北見社長はビットコインキャッシュを支持している一人です。

 

 

SBIグループがビットコインキャッシュを中心に動き始めると、世界の金融の流れが変わるかもしれない

 

それくらいSBIグループは巨大な影響力を誇っています。

 

 

実際に、SBIグループがどのように動くのかは未知数ですが、

 

もし、ビットコインキャッシュをSBIグループが基軸にすると発表すると、

 

ビットコインに代わって、ビットコインキャッシュが仮想通貨の基軸になるかもしれません。

 

SBIバーチャルカレンシーの動きには注目しておく必要があります。

 

 

いずれにせよ、ビットコインキャッシュの将来は上昇気流に乗っていると考えて間違いないでしょう。

 

今後、ビットコインキャッシュのさらなる高騰もあり得る話です。

 

ビットコインキャッシュから目が離せませんね。

 

今は、ビットコインよりアルトコインに注目すべき理由についてはコチラ

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ