今注目のアルトコインで初心者にお勧めなのはあの通貨!

仮想通貨といえばビットコインですが、

 

2018年に入り、だいぶビットコインの雲行きは怪しくなってきました。

 

 

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと総称して言いますが、

 

このアルトコインたちが2018年は人気急上昇中です。

 

 

でも、アルトコインは2000種類くらいあるともいわれています。

 

ほとんどは、今は価値がほとんどない草コインと呼ばれていますが、

 

そのまま、価値が出ずにすたれていくことも少なくありません。

 

 

そのような中でも確実に価値を上げ、

 

さらにはビットコインを超えるかもしれない通貨もあります。

 

 

この通貨に注目をしておけば、これから勝ち組に慣れるかもしれませんよ?

 

 

2018年はこのアルトコインに初心者は注目をしておくべし

なぜアルトコインに注目されるのか?

 

まずは、なぜビットコインではなく、アルトコインに注目がいくのでしょうか?

 

それは、ビットコインの価値が上がりすぎたことが原因のひとつです。

 

2017年年末には、1BTC=200万円を超える値をつけたことがありました。

 

今は、1BTC=70

万円くらいで落ち着いていますが、それでも高いですよね。

 

我々が仮想通貨に注目するのは、

 

仮想通貨の価値そのものよりも、その通貨が購入した時といくらの差がでて、

 

いくら儲かるのか?ということではないでしょうか?

 

これから考えると、まずビットコインは初期投資が高すぎることになります

 

いくらビットコインは1BTC以下で買えるとはいえ、高くなりすぎてしまいました。

 

これでは、購買意欲はそそられません。

 

 

そして、もう一つ、アルトコインが注目される理由があります。

 

それは、ビットコインの欠陥です。

 

欠陥は言いすぎですが、ビットコインが実用的になるには不都合なことがあります。

 

まず、ビットコインは、ブロック生成に10分かかるため、決済が取引はめてから完了するまで、

 

最低でもおよそ10分かかってしまうことになります。

 

10分間何をしろというのでしょう?

 

 

この不都合を解消したのが、ビックカメラが取り入れている

 

bitFlyer

 

での代理受領です。

 

bitFlyerでは、一旦、bitFlyerが代理にお支払いし、ブロック生成等が完了して処理をします。

 

こういう方法があるにしても、ビットコインは便利が悪すぎます。

 

ビットコインに代わる通貨も多く発明されています。

 

 

おすすめはリップルだ

 

そして、初心者が最初に手に入れてもらいたい仮想通貨は、

 

 

リップル(XRP)

 

 

です。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨事業に参入をしてきて、

 

ますますリップル(XRP)の価値が上がってきそうです。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズについてはコチラ

 

 

リップルは役割がはっきりとしており、活用もしやすい通貨です。

 

リップルが今後伸びそうな理由はコチラ

↓  ↓  ↓

リップルは2020年までに10万円を超えるか?

 

はっきりいってリップルは儲かるの?

 

こちらの記事を読んでいただければ、リップルがいかに将来性があるコインか

 

わかると思います。

 

 

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ