2018年はアルトコインの時代!注目すべき仮想通貨3選

2017年は仮想通貨元年といわれました。

 

2018年はアルトコインの年といわれています。

 

 

今まで、仮想通貨業界を引っ張ってきたビットコインに代わって、

 

アルトコインが飛躍的に成長を遂げる可能性が高いのです。

 

ここでは、2018年に注目しておくべきアルトコインを3つご紹介します。

 

 

2018年に注目しておくべき3つのアルトコイン

注目すべきアルトコインの共通項

 

2018年に注目してほしいアルトコインには共通項があります。

 

 

○時価総額30位以内

 

○実用性が高い

 

○仮想通貨を導入することにより生活の質が上がる

 

 

これらを満たすアルトコインが2018年には来るでしょう。

 

 

なぜなら、仮想通貨は約2000種類あるといわれています。

 

 

しかし、その中で役に立つ・時価総額が上がってくるのは一握りです。

 

つまり、現時点で、ある程度の価値がなければ、成長することが難しいいわけです。

 

 

今価値がほとんどなくて、「これが今年は来ます」というのは

 

 

ギャンブル

 

 

です。

 

 

ギャンブルで成長を望むことはよいのですが、理論的ではありません。

 

 

今ある程度の価値があるものは、それなりの基盤がありますから、

 

それをいかに成長していくのかという点で考えればよいのです。

 

 

そして、実用性が高い・生活の質が上がるというのは、

 

 

仮想通貨は、

 

 

「使えなければ意味がない」

 

 

時代に入ってきています。

 

 

東京オリンピックも2020年に控えており、両替の必要のない仮想通貨は、

 

国際的な動きをするときにピッタリです。

 

 

その土台となるのが2018年です。

 

 

そして、仮想通貨を使うことによって、

 

生活の質をあげるだけの仕組みが搭載されているものが

 

より評価されるようになっています。

 

 

これらを踏まえて、私が2018年におすすめするアルトコインは次の通りです。

 

 

リップル(XRP)

本命です。

 

リップルは

 

 

送金を安く・早く実行することを目的としており、

 

実用性も高くなっています。

 

 

また、世界だけでなく日本の銀行も、

 

リップルのネットワークに試験参加しており、

 

実用性に向けて、ほぼ世界全体で取り組み始めたといっても過言ではありません。

 

 

今まで、国際的な送金は、

 

 

日本の銀行  ⇒  国際銀行  ⇒ 相手国の銀行

 

 

と段階を踏んでおり、

 

 

それぞれに手数料が発生

 

 

していました。

 

 

しかも、手数料が数万円ということもざらでした。

 

 

しかし、リップル(XRP)を使うと、

 

 

日本の銀行 ⇒ リップル(XRP)に変換 ⇒ 相手国の銀行

 

 

となり、ごく短時間でしかも安く送金することができます。

 

 

現在の時価総額も第3位であり、2018年の本命です。

 

 

 

リスク(LISK)

続いては、リスクです。

 

イーサリアムとよく似ていますが、リスクの方を2018年は押したいと思います。

 

 

イーサリアムと同じく、スマートコントラクトを搭載し、

 

支払等+契約

 

を一度に済ますことができるアルトコインです。

 

 

時価総額は第25位となっていますが、言い換えれば、伸びしろが十分あります。

 

 

特に、不動産関係などで、スマートコントラクトは活用されるのではといわれています。

 

 

でも、なぜイーサリアムではないのかというと、

 

 

リスクにはサイドチェーンがあるから

 

 

です。

 

 

イーサリアムはブロックチェーンにスマートコントラクトを載せています。

 

しかし、リスクは、メインのブロックチェーンとは別に、

 

サイドチェーンと呼ばれるものを載せており、こちらにも記録をしていくことができます。

 

 

そして、サイドチェーンがあることによって、

 

ブロックチェーンなどに重大な問題が発生した時、

 

修正や対応が非常に素早くできます

 

メインに問題がなければ、被害も最小限です。

 

 

そして、イーサリアムを外した理由がもう一つ。

 

予想ソフトWeb Botによると、

 

イーサリアムのスマートコントラクトに重大な欠陥がみつかる

 

と予想しています。

 

 

これが現実になると、イーサリアムが暴落する可能性があります。

 

リスクは同じスマートコントラクトを搭載していますが、

 

サイドチェーンがあるため、安全性が高いと判断しました。

 

 

スマートコントラクトという実用性と生活の質向上につながる機能があるため、

 

2018年にお勧めできます。

 

 

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂して生まれました。

 

そして、現在の時価総額は第4位です。

 

 

2018年5月16日にハードフォークをしました。

 

この時のハードフォークは、ブロックの拡大で32MBになりました。

 

これによって実際の処理能力が向上します。

 

 

ビットコインではブロック生成に10分かかっていたため、

 

即時支払いなどには向いていません。

 

 

しかし、ビットコインキャッシュでは、2分半で処理をすることができ、

 

実用向きとなっています。

 

 

つまり、ビットコインの特性を持ちつつも、

 

実用可能な使用に変化し続けているのがビットコインキャッシュです。

 

 

さらに、2018年6月に開始した、

 

 

SBIバーチャルカレンシーズ

 

 

においても、リップル(XRP)に次いで取り扱いを開始されました。

 

これは、世界的にもビットコインキャッシュが認められている証拠となります。

 

 

また、ビットコインキャッシュの賢い利用方法は、

 

資産としてはビットコインで持っておき、支払等にはビットコインキャッシュを利用する

 

というのがおすすめです。

 

⇒ビットコインキャッシュのおすすめ取引所はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ