5分でわかる!ビットコインとは違うアルトコインとは何?

仮想通貨といえばビットコイン。

 

ビットコインといえば仮想通貨。

 

 

こんな風に世間では思っていませんか?

 

でも実は、世の中には仮想通貨は山のようにあります。

 

実際、ビットコイン以外の仮想通貨は2000種類ほどあるともいわれています。

 

このビットコイン以外の仮想通貨のことを

 

 

アルトコイン

 

 

と呼びます。

 

このアルトコインの特徴をまとめてみました。

 

 

ビットコイン以外の仮想通貨アルトコインの特徴は?

なぜアルトコインが存在しているのか?

 

仮想通貨の一番最初は、ビットコインでした。

 

2009年にビットコインは誕生しました。

 

その後、仮想通貨はビットコイン以外にも数を増やして今日に至っています。

 

 

では、なぜ仮想通貨はビットコインだけではいけなかったのでしょうか?

 

なぜアルトコインが誕生したのでしょう?

 

 

それには、アルトコインという名前にヒントがありました。

 

アルトコインとは、「Alternative coin」の略です。

 

日本語では、「代替通貨」

 

 

そうです。

 

ビットコインの代わりという意味なんですね。

 

 

では、なぜ、ビットコインの代わりが必要だったのでしょうか?

 

 

それは、

 

一つには、ビットコインのプログラムはすべて公開されています。

 

そのため、新しく仮想通貨を作り出すことが比較的簡単だからです。

 

 

もう一つは、仮想通貨を作り出して大儲けをしたいという人が多いからです。

 

作り方は公表されているので、いかにアレンジを加えて新しいものにするのか?

 

そして、作り出した仮想通貨で大儲けをしたい人がいるから種類がどんどん増えていきます。

 

 

さらに、ビットコインは1つのブロックが生成されるのに10分かかるため、

 

即時決済などに弱く、対策が必要だったということがあります。

 

 

アルトコインの特徴

 

アルトコインには、多種多様な特徴があります。

 

どれも、基本的に、ビットコインの欠点を補い、かつ、オリジナリティーが高い

 

ものが多いですね。

 

そんなアルトコインの特徴は?

 

 

ビットコインに比べて安い

 

歴史の浅いアルトコインは成熟しつつあるビットコイン市場より

 

価格が安くなります。

 

すでに、ビットコインの価格が高くなりすぎている分、

 

今はアルトコインの人気も徐々に高まってきています。

 

 

そして、アルトコインはビットコインの欠点を補って作られたもので

 

高機能な割に価格が安いです。ちょっとお得な気分ですね。

 

 

市場での動きがゆっくり

 

ビットコインと異なり、多少の乱高下はあるものの、

 

比較的チャートは緩やかです。

 

 

取引所が圧倒的に少ない

 

アルトコインの最大の特徴であり最大の弱点ですね。

 

購入しにくいという欠点があります。

 

 

このようにアルトコインとは何かをご紹介しました。

 

アルトコインは数多くあるのでしっかりと見極めることが重要です。

 

 

アルトコインについて詳しくはコチラ

↓  ↓  ↓

アルトコインの時代がやってきた!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ