1円以下のアルトコインから1つ選ぶならどの通貨?

ビットコインを買ってみたいけどすっごい高い!!

 

 

じゃぁアルトコインだ!

 

 

 

でもどれにしよう?

 

 

一攫千金を狙いたいな!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

こんなこと、考えたことありませんか?

 

 

仮想通貨の魅力って、ある意味、一攫千金ができるかもしれないということです。

 

 

当然、すべてうまくいくわけはありませんから、大きな損失になる可能性もあります。

 

 

そんな中で、いわゆる『草コイン』と呼ばれるものがあります。

 

アルトコインの中で、価格の非常に安いものです。

 

 

一攫千金を狙うなら外せませんが、

 

どうせなら、その中でも命中率をあげたいですよね?

 

ここでは、1つだけ草コインの中でご紹介します。

 

 

1円以下で購入できるアルトコインで選ぶならコレ!!

草コインの選び方

 

仮想通貨は現在、2000種類あるとも言われています。

 

 

その中で、

 

ビットコインのように、75万円の価値があるものがあれば、

 

1円以下のほとんど価値のないものまでさまざまです。

 

 

というより、価値のないものが大多数となっています。

 

 

そんな中で、可能性のある草コインを選ぶときのポイントはなんでしょうか?

 

 

一つは、時価総額です。

 

 

これは、草コインを選ぶ中で最も重要です。

 

 

時価総額が高ければ、

 

それだけ市場の中で注目をされており、

 

多くの人が取引をしている

 

ということを表しています。

 

 

そして、一般的には、時価総額が高ければ高いほど、

 

その仮想通貨の信頼性というものが高くなります

 

 

 

信頼する ⇒ 安心 ⇒ 購入

 

 

という構図ですね。

 

 

 

そして、慣れないうちは、ICO案件の仮想通貨には手を出さない方がいいでしょう。

 

 

ICO案件はホワイトペーパーと呼ばれる議案書のようなものがあります。

 

このホワイトペーパーの内容に賛同する人が、資金提供をし、

 

その資金をもとに、ICO案件を実行します。

 

 

そこの利益が還元されるという仕組みです。

 

 

しかし、ICO案件には資金を集めてドロンという詐欺案件がかなり多いです。

 

それを見極めることは難しいので、最初から手を出さない方が安全です。

 

 

 

つまり、

 

 

○時価総額の高い草コイン

 

○ICO案件には手をださない

 

 

という条件で草コインの検討をする必要があります。

 

 

 

購入のメリット・デメリット

 

草コインの購入のメリットは、

 

なんといっても

 

 

『高騰したらボロ儲け』

 

 

ですよね。

 

 

1円以下で購入したものが、500円になっただけで、

 

価値が500倍以上になります。

 

 

これの典型的なものが、リップル(XRP)・ネム(NEM/XEM)です。

 

 

まだこのような仮想通貨が眠っているかもしれません。

 

 

 

そして、デメリットは、

 

 

価値が上がらない可能性がある

 

 

となります。

 

これは字のごとく、草のまま終わっていく可能性もあるわけです。

 

こればっかりはわかりませんので仕方ないというあきらめも重要です。

 

 

そして、もう一つのデメリットが、

 

 

日本の取引所で購入ができないことがほとんど

 

 

です。

 

あまりにも草コインすぎると、海外の取引所でしか購入できない場合がほとんどです。

 

海外の取引所で購入できるのはいいのですが、

 

円(JPY)が使えないことがあります。

 

 

その場合、ビットコイン(BTC)で購入することになりますが、

 

ビットコインを購入するのにお金と手間がかかるのが問題ですね。

 

 

 

この草コインが可能性があるかも?

 

 

では、今、1円以下のアルトコインで買うとしたら何がいいのでしょうか?

 

 

それは、

 

 

Bytecoin

 

 

 

です。

 

 

時価総額25位 で モナコイン70位よりはるかに上位です。

 

 

価格、1BCN=約0.4円

 

 

購入できる取引所は、Poloniex・HitBTC

 

 

特徴は、『匿名性の高さ』です。『リング署名』と呼ばれる技術を利用して、

 

取引の匿名性を確保しています。

 

 

匿名通貨は、日本では、闇市場やマネーロンダリングの温床になる可能性から

 

廃止になっており、今後も日本の取引所では扱われる可能性は低いと思われます。

 

 

しかし、匿名通貨は、どこからどこに送金されたのか追跡が難しくすることで、

 

匿名性を確保しています。そして、その匿名性が要求されるような場面で活用されます。

 

 

このBytecoinは送金時間が短くなっており、実用性が高いです。

 

 

送金通貨といえば、リップル(XRP)が思い出されますが、

 

Bytecoinは匿名性が高くいろいろな場面での活用が想定されます。

 

 

日本の取引所で購入できないのが難点ですが、

 

時価総額もかなり高く、今後に期待ができる仮想通貨ですね。

 

 

初心者にお勧めする仮想通貨の選び方はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ